あなたの足は「一生歩ける足」!?足の状態セルフチェック

「まっすぐ立てない」「外反母趾の痛みがある」「腰痛や肩こりがひどい」...。そんな人は、足指をのばす体操がおすすめ。体幹が安定し、体の持つ多くの力を取り戻すことができます。今回はみらいクリニック院長の今井一彰先生に、足の状態のチェック方法を教えてもらいました。

pixta_11623420_S.jpg前の記事「体のブレを止めるストッパー!「小指」の重要性とは?/足指のばし(1)」はこちら。

あなたの指はどんな形?

まず、はだしになって立ち、足の指を見てみましょう。親指や小指の形をよくチェックしてください。

【理想的】親指と小指が開いた「末広がり型」

生まれたての赤ちゃんの足はこの形。親指も小指もパッと開いていると、足が本来持つ力を発揮できます。

【危険信号】小指が内に寄った「三角型」

小指が曲がっている、寝ている、小さな爪になっているのは、ゆがみが進んでいるイエローカードの状態です。

【危険状態】親指も小指も内側に寄った「棺おけ型」

親指も小指も内側に寄っている外反母趾、内反小趾の状態。西洋の棺おけ型で、いずれ歩けなくなる可能性は大なので注意が必要です。

 

チェック! あなたの足は一生歩ける足ですか?
上から見ると、全ての足の爪が見えない
□ 小指が外側に向いて倒れている
□ 小指が薬指側に寄っている。または薬指にくっついている
□ 立ったとき、足指と地面の間に紙が入る隙間がある
□ 親指が小指の方に寄っている
□ 親指の付け根の関節が出っ張っている。または痛い。もしくは靴に当たる
□ 土踏まずがない。または浅い
□ 足指はいつも深爪気味
□ 足指に爪が食い込んでいる(巻き爪)
□ 小指の爪がとても小さい。またはつぶれている
□ 足指でグー、チョキ、パーができない
□ 家ではスリッパを履いている
□ 夏はビーチサンダルを愛用している
□ 下駄、ぞうりをよく履く
□ 靴下は5 本指ではなく、筒状のものを着用
□ 冷え取りで靴下を重ねばきしている
□ よく転んだり、つまずいたりする
□ 歩くのが遅くなった気がする
□ 歩くのが嫌い。または階段を使わない

チェック1 つにつき1点として、
7点以下=健康な足指。健康習慣を保って!
8~14点=危険信号。足指をのばす必要が
15点以上=棺おけ型で歩けなくなる可能性大

 

次の記事「腰やひざの痛みにも!1日3分「足指のばし体操」のススメ」はこちら。
取材・文/細川潤子

 

<教えてくれた人>

今井一彰(いまい・かずあき)先生

みらいクリニック院長。内科医、日本東洋医学会漢方専門医、日本病巣疾患研究会副理事長。全身の痛みや不調の原因である足元からの健康づくりを提唱。「薬に頼らず、一生歩ける足づくり」をモットーに「痛みと姿勢の外来」で1万人を超える患者を診察する。

616jd28IjFL.jpg

『足腰が20歳若返る足指のばし』

今井一彰/かんき出版 1,300円+税

 

 

足指力アップにぴったり!
「ストレッチサンダル」をチェック!!

1905_p036_09.jpg

毎日が発見オリジナルストレッチサンダル
2,990円(税込)
足指をぎゅっと握って転ばない体に!

足のトラブルは大半の場合、長年のクセが原因で起こります。『毎日が発見』本誌の人気連載「リンパ体操」の前新マミさんと開発したこのストレッチサンダルは、履いているうちに自然と腰が立ち、重心を正しい位置に保てるようになるます。不調の改善と美しい姿勢の維持に、ぜひ試してみてください。


1905_p036_07.jpg履くだけで自然と足指の力がつく「指つかみ構造」

 

1905_p036_05.jpg

サイズ調整機能付きで足にぴったり合います


★WEBでの購入はコチラから!
 

★簡単!サンダルを履いてバランストレーニングも!

伸ばして
ひざうらをくーんと伸ばして、しっかりストレッチ。1回8秒、8回。1905_p036_03.jpg

バランスキープ
ユラユラとしないよう、水平の状態を保ちます。1回8秒、8回1905_p036_02.jpg

持ち上げて
ふくらはぎと足首を持ち上げて、シェイプアップ! 1回8秒、8回1905_p036_01.jpg


★WEBでの購入はコチラから!
 

この記事は『毎日が発見』2019年5月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP