知っておきたい「ひざの3つの機能」とは?

年齢とともにつらくなる人が多い腰、ひざ、足の痛み...。国民病ともいわれる「変形性膝関節症」など、ひざのトラブルを避けるためにはどうすればよいのでしょう? 整形外科医・カイロプラクターである竹谷内医院院長、竹谷内康修先生に聞いてきました。今回は「ひざの3つの機能」についてです。

pixta_25598572_S.jpg

ひざのトラブルは健康寿命を短くする

多くの方が、年齢が進むにつれて抱えるひざの悩み。ひざの機能が衰えることで起こる「変形性膝関節症」は、国民病といわれるほど患者数の多い病気です。

「ひざのトラブルに気をつけたいのは、ひざに古傷がある人、中年以降の女性、デスクワークなど不活発な生活の人、O脚やX脚の人など。これらの方々は年齢にかかわらず、普段から注意が必要です」 

そもそもひざは三つの機能を果たしています。

一つは曲げのばしで大きく動くことができる「可動性」です。太ももの筋肉が働いて、ひざの安定性を保ち、関節のスムーズな曲げのばしを可能にします。 

次の役目は全身の体重を支える「支持性」。衝撃を吸収して体重を支えます。普段なにげなく行う動作もひざには大きな負荷がかかっています。

例えば歩くときは体重の2~4倍、階段の上り下りでは4~7倍の負荷がひざにかかります。ですから、加齢によってひざに異常が起こるのは、人間の宿命ともいえます。

最後は「無痛性」で、日常生活の中で1日に何千回と衝撃を受けても痛みを感じない性質です。

「支持性」と「無痛性」のカギを握るのは関節軟骨。ここには血管がないので血液から栄養を取り込むことができず、傷ついたり擦り減ったりしても修復されにくい性質があります。成人すると軟骨を形成する成分も劣化し、関節軟骨の老化によってひざの機能も低下し、痛みも出ます。

 

次の記事「もはや国民病?誰でもなる恐れのある「変形性膝関節症」基礎知識/ひざ裏のばし(2)」はこちら。

取材・文/細川潤子

 

<教えてくれた人>

竹谷内康修(たけやち・やすのぶ)先生

竹谷内医院院長、整形外科医・カイロプラクター。2007年カイロプラクティックを主体とした手技療法専門のクリニックを開設。肩こり、腰痛、関節痛などの手技療法に取り組む。メディアを通じた健康関連の分かりやすい解説が人気で、著書も多数。

616jd28IjFL.jpg

『自分で治す! 変形性膝関節症』

竹谷内康修/洋泉社 1,300円+税

 

 

履いているだけで、ひざが伸び~る!
「ストレッチサンダル」をチェック!!

1905_p036_09.jpg

毎日が発見オリジナルストレッチサンダル
2,990円(税込)
足指をぎゅっと握って転ばない体に!

足のトラブルは大半の場合、長年のクセが原因で起こります。『毎日が発見』本誌の人気連載「リンパ体操」の前新マミさんと開発したこのストレッチサンダルは、履いているうちに自然と腰が立ち、重心を正しい位置に保てるようになるます。不調の改善と美しい姿勢の維持に、ぜひ試してみてください。


1905_p036_07.jpg履くだけで自然と足指の力がつく「指つかみ構造」

 

1905_p036_05.jpg

サイズ調整機能付きで足にぴったり合います

 

「ひざ裏のばし」を教えてくれた、竹谷内康修先生もオススメしてくださいました
1905_p025_04.jpg「履いているだけで、足の指でぎゅっと握れる力がつくのがいいですね。地面をキャッチするようにつかむことで、足のアーチをつくるのにつながります。また、親指を使うことで、足全体の筋肉が活発化されます。ただし、ひざが悪い人は痛みがなくなってから使った方がいいでしょう」


★WEBでの購入はコチラから!
 

★簡単!サンダルを履いてバランストレーニングも!

伸ばして
ひざうらをくーんと伸ばして、しっかりストレッチ。1回8秒、8回。1905_p036_03.jpg

バランスキープ
ユラユラとしないよう、水平の状態を保ちます。1回8秒、8回1905_p036_02.jpg

持ち上げて
ふくらはぎと足首を持ち上げて、シェイプアップ! 1回8秒、8回1905_p036_01.jpg


★WEBでの購入はコチラから!
 

この記事は『毎日が発見』2019年5月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP