体のブレを止めるストッパー!「小指」の重要性とは?

「まっすぐ立てない」「外反母趾の痛みがある」「腰痛や肩こりがひどい」...。そんな人は、足指をのばす体操がおすすめ。体幹が安定し、体の持つ多くの力を取り戻すことができます。まずは、みらいクリニック院長の今井一彰先生が「小指の重要性」について教えてくれました。

pixta_31768714_S.jpg

まっすぐに立てれば体に痛みは出ない

「人間はもともとはだしの生活で、足指は広がり、まっすぐに立っていましたが、靴や靴下で足をきゅうくつにしてきたことで、足指はゆがんでいったのです。体は本来まっすぐ立てるようになっています。足指を元の状態に戻してあげるだけで、必ずいい状態に変わります」と話すのは、みらいクリニックの今井一彰先生。

足指にゆがみが出ると、そのうち外反母趾や内反小趾(小指が内側に曲がる)になり、徐々に足腰の骨もゆがんで体が片寄り、痛みが生じます。足指をのばすと接地面が広いため安定し、まっすぐに立つことができます。

そうすると握力、ジャンプ力、柔軟性、背筋力といった体が持つさまざまな力を取り戻すことができ、体に痛みも出ません。むくみが取れたり、下肢静脈瘤りゅうや頭痛の改善など全身の不調も緩和されます。体幹が安定し、姿勢がよくなり、腰痛を治すこともできるのです。

「足の形が外反母趾、内反小趾の棺おけ型になっていたら大変危険。運動や筋トレより、まず足指を末広がりの形に戻すことを心がけてください。足指のゆがみをそのままにしていると介護予備軍へまっしぐらです」

足指の中でも特に安定のカギとなるのは小指です。

足をまっすぐにして体のブレを止めるストッパー役が小指。小指までのばして立つと足裏の中心に重心がかかり、本来の姿勢を取り戻せます。

「年齢とともに腰痛、ひざ痛、足の痛みといった症状が増えますが、それらの悩みは足指をのばすだけで解消可能。全身がラクになります」

ただし、足指の中で筋力の弱い小指は真っ先にゆがみます。だからこそセルフケアが必要です。

 

1日3分の足指ストレッチで健康を保つ

今井先生は人間が本来まっすぐに立てることに着目し、そのために足指をまっすぐにして、ゆがみをなくす体操を考案しました。これによって、体を支える足裏の筋肉と靭帯でできている"アーチ"も安定します。

「足指は一生元気に歩くための大切な土台です。一生自分の足で歩くためには、しっかり歩ける足指にすることが先決。たとえいま足が危険状態であっても、足指をのばす『ゆびのば体操』で足指は元通りになります。1日3分の簡単な体操を続け、理想の状態を保つことが大切です」

 

次の記事「あなたの足は「一生歩ける足」!?足の状態セルフチェック/足指のばし(2)」はこちら。

取材・文/細川潤子 撮影/三苫正勝

 

<教えてくれた人>

今井一彰(いまい・かずあき)先生

みらいクリニック院長。内科医、日本東洋医学会漢方専門医、日本病巣疾患研究会副理事長。全身の痛みや不調の原因である足元からの健康づくりを提唱。「薬に頼らず、一生歩ける足づくり」をモットーに「痛みと姿勢の外来」で1万人を超える患者を診察する。

足指力アップにぴったり!
「ストレッチサンダル」をチェック!!

1905_p036_09.jpg

毎日が発見オリジナルストレッチサンダル
2,990円(税込)
足指をぎゅっと握って転ばない体に!

足のトラブルは大半の場合、長年のクセが原因で起こります。『毎日が発見』本誌の人気連載「リンパ体操」の前新マミさんと開発したこのストレッチサンダルは、履いているうちに自然と腰が立ち、重心を正しい位置に保てるようになるます。不調の改善と美しい姿勢の維持に、ぜひ試してみてください。


1905_p036_07.jpg履くだけで自然と足指の力がつく「指つかみ構造」

 

1905_p036_05.jpg

サイズ調整機能付きで足にぴったり合います


★WEBでの購入はコチラから!
 

★簡単!サンダルを履いてバランストレーニングも!

伸ばして
ひざうらをくーんと伸ばして、しっかりストレッチ。1回8秒、8回。1905_p036_03.jpg

バランスキープ
ユラユラとしないよう、水平の状態を保ちます。1回8秒、8回1905_p036_02.jpg

持ち上げて
ふくらはぎと足首を持ち上げて、シェイプアップ! 1回8秒、8回1905_p036_01.jpg


★WEBでの購入はコチラから!

この記事は『毎日が発見』2019年5月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP