もち麦ダイエットを2週間続けてもやせないのはなぜ? 便秘は改善する? Q&A集/もち麦ダイエット

ダイエット効果や健康効果が多くのメディアで注目されている食材、「もち麦」。なぜもち麦が身体にいいのか? ダイエットしたい人にオススメなのかを、順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生がわかりやすく解説します。
もち麦によって2週間で変わる体を、あなたも感じてみませんか?

※この記事は『2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット』(小林 弘幸/KADOKAWA)からの抜粋です。

前の記事「ランチに「もち麦がゆ」はいかが? スープジャーで簡単に作れます/もち麦ダイエット(9)」はこちら。

 

もち麦ダイエットQ&A

もち麦ダイエットをはじめる前や続けていく上でよく質問される疑問にお答えします。

 

Q1 もち麦を食べれば食べるほど効果あり?

A1  主成分は炭水化物。適量を守りましょう。
白米に比べるとカロリーは低いものの、もち麦も穀物なので、おもな栄養素は炭水化物。それなりにカロリーもしっかりあります。「たくさん食べたほうがやせる」「カロリーが低いなら、白米を減らした分、たくさん食べても大丈夫」というわけではありません。1日3食のなかで、目安量を食べるようにしましょう。もち麦p076-1.jpg

 
Q2 2週間続けてもやせません...何が原因でしょうか

A2 食事内容を見直してみましょう
まずはもち麦を食べ過ぎていないか、次に食事内容をチェックしてみてください。もち麦にはさまざまなダイエット効果が期待できますが、同時にたんぱく質、ビタミンやミネラルもバランスよくとる必要があります。また、これまでの生活習慣によっては2週間以上かかる場合もありますので、しばらく続けてみてください。

 

Q3 便秘がちでもトライして大丈夫ですか?

A3 便秘がちな人にこそおすすめです
「麦は玄米のように消化があまりよくないのでは?」。そんな心配をよく耳にしますが、もち麦のいいところは水溶性の食物繊維を豊富に含んでいること。便秘がちの人はとくに水溶性の食物繊維が不足していることが多いので、ぜひもち麦を試してみてください。一緒に乳酸菌を含むキムチや漬けものを食べると、腸内の善玉菌が増やせるのでよりいいですよ。

 
Q4 冷蔵したり冷凍したりしても効果に変わりはないですか?

A4 冷凍してもβ-グルカンの働きは変わりません
冷凍保存しても、β-グルカンの働きに変わりはないことがわかっています。適量を衛生的に食べるためにも冷凍保存を活用してください。
ちなみに、もち麦は冷たい状態で食べてもおいしくいただけるので、お弁当などにもおすすめです。うるち性の大麦は冷めるとややぱさつきますが、もち麦はもち性のためモチモチした食感があり、冷めても固くなりにくい特徴があります。もち麦p077-1.jpg

 

Q5 調理前のもち麦をどうやって保存すればいいですか?

A5 お米と同じように保存すればOKです

もち麦も穀類の一種なので、お米と同じように保存すれば大丈夫です。高温多湿を避けて、密封容器などに入れておきましょう。虫がつく場合もあるので、冷蔵庫に入れておくと安心です。
冷凍庫内のスペースにもよりますが、もち麦をそのまま保存しておくより、一度に多めに炊いたりゆでたりして、冷凍保存しておくほうがよいかもしれません。

 
Q6 子どもやお年寄りがもち麦を食べても大丈夫?

A6 もちろん大丈夫です。よくかんで食べましょう。
もち麦の良質な食物繊維は、子どもやお年寄りも取り入れたいもの。よくかんで食べれば大丈夫です。もち麦ごはんが食べにくいという場合は、白米ともち麦の割合を変えてみてください。米に対し1~3割のもち麦を混ぜて炊いてみましょう。もち麦p078-1.jpg

 

 

小林 弘幸 (こばやし・ひろゆき)

順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年埼玉県生まれ。87年順天堂大学医学部卒業、92年同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師、助教授を歴任する。

自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。また、日本で初めて便秘外来を開設した「腸のスペシャリスト」でもある。『2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット』(KADOKAWA)をはじめ著書多数、また『世界一受けたい授業』(日本テレビ)や『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBSテレビ)などのメディアにも数多く出演している。

 

松尾みゆき(まつお・みゆき)

管理栄養士・料理研究家。大手食品メーカーでカフェや惣菜店などのメニュー開発に携わる。2005年に独立し、健康と料理をテーマに食のコーディネーターとして書籍・雑誌・TVなどを中心に活躍中。著書に『1食500kcalダイエットごはん ビギナーズ』(新星出版社)、『スープジャーでつくる100円ランチ』(青春出版社)などがある。

a3f5dcda01ce87cf7cc969506fd62bd43909491c.jpg

2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット

(小林 弘幸/KADOKAWA)

巷にあふれる様々なダイエット法。あなたも色々なダイエット法を試したことがあるのではないでしょうか?ただ、どのダイエットも「長期間」続けなければ、なかなか効果が表れず、結局挫折してリバウンド……という経験を持つ人も少なくないはず。本書では、テレビなどにも出演している「自律神経の第一人者」である著者が、メディアでも大注目の「もち麦」のダイエット効果についてわかりやすく解説します。レシピはもちろん、もち麦の選び方・買い方・食べるタイミングまで、もち麦ダイエットのイロハがわかる「もち麦ダイエット」を始める人にぴったりの一冊。

この記事は『2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット』からの抜粋です
PAGE TOP