禁煙後は食欲が旺盛になり、太るって本当?/高谷典秀先生「なんでも健康相談」

「病院に行くべきかどうか...」悩むレベルの"困った症状"、いろいろありますよね。
今回寄せられたのは、禁煙したご主人が食欲旺盛になって困る、という奥様のお悩み。医療法人社団同友会理事長 高谷典秀先生がお答えします。

4a104c3795084c21d85766f0a8846181.png

  

禁煙は成功したのですが、食欲旺盛で太らないか心配です

69歳になる私の主人が、昨年禁煙をいたしました。

20歳から吸い続けていたというのに、ぴたっと止めてしまい、感心したのですが、その反動なのか、よく甘い物を食べるようになりました。

禁煙前は、甘いものなど殆ど食べなかった主人ですが、毎朝、外出する前に飴玉を5~6個ポッケに入れていったり、夕食後にケーキやお菓子などを欲しがるようになりました。それだけでなく、ごはんの量も増えた気がします。

最近はお腹もぽっこりと出てきており、病気にならないか心配です。やはり食事制限をさせた方が良いのでしょうか。

 

体重増加は一時的。肥満予防には食事管理・運動を

今回は、禁煙はうまくいったけれども、その後の体重の増加が気になるという方からのご質問です。

昨年、タバコ税が増税となったことをきっかけに禁煙を始められた方が多いようで、一時は禁煙補助薬が品薄になるほどでした。それだけ禁煙の機運が高まっているようで、健康のためには大変良いことかと思います。

実際に禁煙を成功された方の中には、今回のご相談のように、太り始めてしまったという経験をされた方も多いと思います。禁煙後には約80%の方に平均で1.5kg程度の体重増加があると言う研究結果もあります。

中には、太るのが嫌で禁煙をしない、という考えをされる方もいるかもしれませんが、禁煙後に肥満になることによる健康へのリスクというものは、喫煙を続けることによるリスクを上回るということは無いといわれています。つまり、多少太ってしまったとしても、禁煙を成功させることの方が、脳血管疾患、心筋梗塞、脳梗塞などの疾患を防げたり、肺がんのリスクを下げたりという効果の方が高いということなのです。

ただし、過度な体重増加を起こす方もおり、このような場合にはやはり肥満によるメタボリックシンドロームなどの弊害が起きてしまうので注意が必要です。

禁煙後に体重が増加してしまう原因はいくつかあります。まず、それまで喫煙によって阻害されていた消化吸収力が正常に戻り、胃腸が元気になるということ。また、喫煙をすると味覚も低下したりしますが、それも正常化し、食べ物がおいしく感じられ、つい食べ過ぎてしまうこと。それから口元が寂しくなり、ご主人のように飴をなめてしまったりします。これらの複合的な原因で太ってしまうのです。

もう一ついわれていることは、禁煙による体重増加というものは、一時的なものであるということです。禁煙後一年くらい経過すると比較的落ち着いて、体重が増加し続けるという事はなくなり、逆に元に戻ったりすることもありますので、あまり深刻になる必要はないでしょう。

しかし、一時的であれ、やはり体重が増加することは良くありません。基本的には禁煙をされる場合、体重の増加を防止するために、食事量を管理したり、しっかり運動をするといった、一般的なダイエットと同じことをきちんと行っていくことが大切です。是非これからも禁煙を続け、同時に体重管理についても頑張ってやっていただきたいと思います。(老友新聞社)

 

※そのほかの「高谷典秀先生「なんでも健康相談」」はこちら。

 


pic_takaya.png

高谷 典秀 先生(たかや・のりひで)

医療法人社団同友会 理事長。順天堂大学循環器内科非常勤講師。日本人間ドック健診協会 理事。学校法人 後藤学園 武蔵丘短期大学客員教授。著書に『健康経営、健康寿命延伸のための「健診」の上手な活用法』(株式会社法研)など。

この記事は『日本老友新聞』に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP