食欲旺盛で肥満体質。63歳の主人が疲れやすく喉が渇くようになりました/高谷典秀先生「なんでも健康相談」

nodokawaku.pngあなたの身体のお悩みに医療法人社団同友会理事長高谷典秀先生が答える「なんでも健康相談」。今回はこんなお悩みに答えます。

 


63歳の主人が疲れやすく喉が乾く

61歳の女性です。私の主人のことで、質問をさせてください。

主人は63歳で、私と2つしか違いませんが、最近、とても疲れやすく、喉がよく乾くというのです。

主人は以前より食欲旺盛で、肥満体型でした。夕食など、たっぷりと食べているのですが、その後、体がだるくなるようで、食べた後にすぐに寝てしまいます。また、最近では、いつもと同じ量を食べているのに、体重は減っているようでして、何かの病気ではないかと心配です。

夕食のはじめには、喉が渇くといって、ビールを2本くらいあっという間に飲んでしまいます。疲れやすいのはアルコールの取りすぎが原因なのでしょうか。

  

糖尿病の恐れ。早めに血液検査を行いましょう

63歳のご主人が、最近疲れやすくて、喉も渇きやすいことを心配されてのご相談です。体型も太り気味とのことで、このようなケースの場合、糖尿病が心配されます。

糖尿病は、血糖値が高くなる病気ですが、あまり高くなりすぎると、ご主人のように喉が乾いたり、疲れやすくなったりという症状が現れることがあります。

また最近では、以前と同じように食事をしているのに、体重が落ちてきているとのことですが、これも糖尿病の病状が進んだ時に見られる症状です。尿から糖分としてエネルギーが排泄されてしまい、結果、体重が減ってくるということがあるのです。

喉が渇くといって、ビールを2本も飲んでしまうのは、余計に血糖を上げて悪化させてしまうため大変危険です。血糖が上がりすぎると、糖尿病性昏睡といって、意識を失ってしまうなど重篤な合併症もあり注意が必要です。

さらに、急な体重の減少に加えて突然血糖値が上昇したという場合には、膵臓がんの可能性もあるのでよく調べてください。

また、疲れやすいという症状の場合、肝臓や腎臓などさまざまな内臓の病気で起こることがあるので、早めに血液検査を行ない、糖尿病があるかどうか、そして他の内臓の病気を併発していないか、一緒に調べることが大切です。

糖尿病で、血糖値があまりにも高かった場合には、薬による治療が必要になります。まずは薬で血糖値を安定させそれとともに、やはり肥満の解消をすることです。適度な運動をし、食生活も見直して、摂取カロリーを抑えていってください。メタボリックシンドロームは、糖尿病だけでなく、血圧や高脂血症など、そういったことも心配になるので、全身のチェックも行なってください。

※そのほかの「高谷典秀先生「なんでも健康相談」」はこちら。

  

pic_takaya.png

高谷 典秀 先生(たかや・のりひで)

医療法人社団同友会 理事長。順天堂大学循環器内科非常勤講師。日本人間ドック健診協会 理事。学校法人 後藤学園 武蔵丘短期大学客員教授。

著書に『健康経営、健康寿命延伸のための「健診」の上手な活用法』(株式会社法研)など。

【関連記事】
心電図検査で「左脚ブロック」と診断されたが、どのような病気?
人間ドックで尿潜血・蛋白の診断...
高齢者に多い睡眠障害~3人に1人が「日中の眠気」と「夜間中途覚醒」に悩んでます!

この記事は『日本老友新聞』に掲載の情報です。
PAGE TOP