味よし・使い勝手よし♪「唐ご酢玉ねぎ」のちょい足しレシピ/玉ねぎ

血液がサラサラになるといわれる玉ねぎは、積極的にとりたい食材の1つ。この玉ねぎに、とうがらしと黒ごまを酢に漬けて作る「唐ご酢玉ねぎ」は、料理研究家で管理栄養士の村上祥子さんが考案したオリジナル酢。モンゴルに昔からある健康保存食「唐ご酢」に、脂肪を燃焼させるとうがらし、骨粗鬆症予防や美肌に役立つごま、疲労回復を助ける酢を1度に摂れるのが魅力です。毎日料理に活用して、健康効果をアップさせましょう!

関連記事:「酢と黒ごまで効果大。骨粗鬆症予防や美肌に役立つ「唐ご酢玉ねぎ」の作り方/玉ねぎ(3)」

 

「唐ご酢玉ねぎ」をちょい足しするだけ!
使い勝手よし!味よし!減塩にも役立つ簡単レシピ

1807p031_01.jpg

「キャベツのカレー蒸し」
1人分 56kcal/塩分0.5g

カレー粉を少々加えるのが味の決め手。さっぱりとしていて食欲がそそられます。

【材料(2人分)】
キャベツ...150g
しょうゆ...小さじ1
カレー粉...小さじ1/4
唐ご酢玉ねぎ...50g

【作り方】
1 耐熱ボウルに一口大にキャベツをちぎって入れ、しょうゆとカレー粉をふり、「唐ご酢玉ねぎ」をのせる。
2 両端を少しあけてラップをして、電子レンジ600Wで4分加熱する。すぐに取り出し
て混ぜる。

 

 

1807p031_02.jpg

「万能ねぎと唐ご酢玉ねぎのぬた」
1人分 83kcal/塩分0.9g

唐ご酢の漬け酢も調味料として活用できます。
甘みがあるので糖分も減らせます。

【材料(2人分)】
万能ねぎ...1わ(100g)
A みそ...小さじ2
 砂糖...大さじ1
 「唐ご酢玉ねぎ」の漬け酢  ...大さじ1
唐ご酢玉ねぎ...50g

【作り方】
1 万能ねぎは4㎝長さに切ってサッとゆで、ざるへ上げる。
2 ボウルにAを入れて混ぜ、「唐ご酢玉ねぎ」を入れてからめ、1を加えてあえる。

 

 

こんなちょい足しもおすすめ

1807p031_05.jpg

「冷ややっこ」に
1人分 73kcal/塩分0.2g
もめん豆腐70gに削りがつおをのせ、「唐ご酢玉ねぎ」大さじ1をかける。しょうゆなしでもおいしい。

 

1807p031_04.jpg

「おひたし」に
1人分 37kcal/塩分0.5g
ほうれん草70gをゆでて食べやすく切って水けを絞り、しょうゆ小さじ1/2と「唐ご酢玉ねぎ」小さじ1、マヨネーズ小さじ1をかけて混ぜる。

 

1807p031_03.jpg「もずく」に
1人分 11kcal/塩分0.2g
市販の味付きもずくに、「唐ご酢玉ねぎ」小さじ1を混ぜる。

 

次の記事「ミートボールに「唐ご酢玉ねぎ」インで、ヘルシー&減塩を実現!/玉ねぎ(5)」はこちら。

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景 


村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内の「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

この記事は『毎日が発見』2018年7月号に掲載の情報です。
PAGE TOP