「人生最後の日は、片づけをしたいです」93歳の料理家・桧山タミさんの言葉

新しい時代・令和も元気に活躍されている90代の皆さん。
お生まれになったのは、大正や昭和一桁の時代です。
大正から昭和、平成、そして令和へと――。数多くの経験に基づいたお話は参考にしたいことばかり。今回は、93才で料理家の桧山タミさんに、いくつになっても日々はつらつと暮らすための考え方を伺いました。

2001p018_01.jpg

『みらいおにぎり』の著者・桧山タミさんは、1926(大正15)年生まれ。

福岡で、50年以上も料理塾を開いています。幼少の頃はフランスで絵の勉強をしたいと思っていたタミさん。

戦争やご主人の死を乗り越えて、35歳の時に料理家の道を歩み始めました。

教える料理は、素材にこだわり、愛情と自然の恵みを大切にする心が息づいた、昔ながらの日本の家庭料理。

塾は、20代から70代までの幅広い層の生徒が通い、料理はもちろんのこと、人生をより良く生きるための知恵を授けています。

タミさんは、17歳の時に、福岡で料理教室を開いていた江上トミ先生に師事し、戦前、戦後を通じて学んでいました。
38歳の時(1964年)、江上先生のヨーロッパ・アフリカ視察旅行に同行し、4カ月にわたって世界各国の料理を食べ、学ぶという貴重な経験をしました。

世界を自分の足で回り、目で見たからこそ、日本の豊かさに気付き、その土地の食材が住む人の体を守っていることに思い当たりました。

2001p019_01.jpg2001p019_02.jpg2001p019_05.jpg

タミさんは、言います。「おにぎりさえあれば心も体もホッとします。それは気持ちを込めて、
ギュッと握っているから。おにぎりはそんな思いが食べる人の未来につながるごはんなのです。
さあ、おいしくごはんを炊いて、おにぎりを握ってみましょう」と。

2019年の春、母校の小学校で、自分の経験、人生でよりどころにしていることなどを語るとともに、生徒からの質問を受ける授業をしました。

この授業を元に『みらいおにぎり』が綴られました。

この授業では、タミさんから子どもたちに、人生の指針となる数々の言葉が伝えられました。

「私の一生は、星のまたたきほど短い。だからクヨクヨする時間はもったいないと気付いたの」

「ありがとうは、、自分の心も相手の心も元気にします」

「ありがたいのは、それぞれの地域にそこに住む人たちを元気にする食べ物があるってこと」

「人生最後の日は、片づけをしたいです」

93歳のタミさんの言葉。どれも心に沁み入ります。

新時代・令和もはつらつと!『90代現役宣言!』そのほかの記事はこちら

 

桧山タミ(ひやま・たみ)さん

1926年、福岡生まれ。故・江上トミ先生の愛弟子として戦前より学ぶ。30代で料理教室を始め、50年以上活躍し続け、幅広い年代の熟生に料理を伝えている。その経験を2017年に『いのち愛しむ、人生キッチン』(文藝春秋)として上梓し、累計10万部のベストセラーに。

shoei_001.jpg

『みらいおにぎり』

(文藝春秋)1,400円+税

「タミ先生、どうしたら幸せになれるの?」

九州・福岡から火がついて、累計10万部突破する人気の書籍。93歳の料理家・タミ先生の新しい一冊には、親子で読める「幸せなみらい」のための言葉が詰まっています。

この記事は『毎日が発見』2020年1月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP