白いビーフシチューも!「玉ねぎレモンポン酢」活用レシピ3選

玉ねぎとレモン、ダブルの健康効果で、アレンジも多彩な「玉ねぎレモンポン酢」。今回は管理栄養士で料理家の村上祥子さんに、この玉ねぎレモンポン酢を調味料として使った3つのレシピを教えていただきました。

「玉ねぎレモンポン酢」の作り方はこちら

1905_p038_01.jpg前の記事「最強タッグ!「玉ねぎレモンポン酢」7つの健康効果とは/玉ねぎポン酢(2)」はこちら。

 

1905_p043_01.jpg白いビーフシチュー。さっぱりながら食べごたえ満点!
「ビーフシチュー」

1人分172kcal/塩分0.6g

材料(2人分)
牛もも肉(薄切り)...100g
にんじん...50g
じゃがいも...1個
水...2カップ
玉ねぎレモンポン酢(刻みタイプ)...大さじ3
 片栗粉...小さじ1
  水...小さじ2
パセリのみじん切り...少々
こしょう...少々

作り方
1. 牛肉は3㎝幅に切る。にんじんは5㎜の輪切りに、じゃがいもは2㎝の角切りにする。
2. 鍋に1 を入れ、水を注ぎ、火にかける。煮立ってきたらアクをすくい、玉ねぎレモンポン酢を加え、ふたを少しずらしてのせ、じゃがいもが十分やわらかくなるまで10~12分煮る。を合わせ、加えてとろみをつけ、火を止める。
3. 器に盛り、パセリとこしょうをふる。

1905_p042_01.jpg

味付けはポン酢のみ、とは思えないおいしさ!
「なすと油揚げのポン酢汁」(上の写真右)

1人分48kcal/塩分0.3g

材料(2人分)
なす...100g
油揚げ...小1枚
水...300ml
玉ねぎレモンポン酢...大さじ2
エクストラバージンオリーブ油 ...2~3滴

作り方
1. なすはへたを取って乱切りにし、耐熱ボウルに入れ、ラップをして電子レンジ600Wで2分加熱する。油揚げは縦2等分してから細切りにする。
2. 鍋に1 と水を入れて火にかけ、煮立ったら玉ねぎレモンポン酢を加えて火を止める。
3. 椀によそい、オリーブ油をたらす。

 

 

調味料はポン酢と塩少々なのに、滋味深い味に
「鶏飯(けいはん)」(上の写真左)

1人分379kcal/塩分1.4g

材料(2人分)

 鶏肉(こま切れ)...50g
ごぼう...30g
にんじん...20g
米...1合
水...1合の目盛りまで
 玉ねぎレモンポン酢(すりおろしタイプ)...大さじ2
塩...小さじ1/4
〈錦糸卵〉
 卵...1個
 塩...少々
 サラダ油...少々
もみのり、紅しょうが...各少々

作り方
1. ごぼうはささがきにし、水にさらす。にんじんもささがきにする。
2. 米は洗って炊飯器に入れ、水を注ぎ、Bを加えて混ぜ、Aをのせて15分ほどおき、炊く。
3. フライパンにサラダ油を薄くぬり、塩で調味した卵を流し、薄焼き卵を焼き、3㎝長さのせん切りにする。
4. 2 が蒸らし終わったら器に盛り、3 、もみのり、紅しょうがをのせる。

 

次の記事「あっという間に完成!玉ねぎレモンポン酢の小鉢レシピ5選/玉ねぎポン酢(4)」はこちら。

取材・文/石井美佐 撮影/中野正景

 

 

<教えてくれた人>

村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

管理栄養士・料理研究家。福岡県生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

この記事は『毎日が発見』2019年5月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP