GWに作りたい!健康効果満点「玉ねぎレモンポン酢」2つのレシピ

管理栄養士で料理家の村上祥子さんがおすすめするのが、「玉ねぎレモンポン酢」。玉ねぎにレモンを加えて健康への効果を高めたポン酢です。さっぱりとした味わいで奥深い旨味があり、かけてよし、加えてよし! 減塩効果もあるので、毎日の料理に活用したいこのポン酢の「すりおろしタイプ」「刻みタイプ」2種類の作り方を教えてもらいました。

1905_p038_01.jpg

少し甘めのしょうゆベース
「すりおろしタイプ」

大さじ1あたり10kcal/塩分0.3g

1905_p040_02.jpg

材料(できあがり400ml)
玉ねぎ...1個(200g)
レモン...1個(45g)
熱湯...100ml
削りがつお...小1袋(2g)
粉寒天...小1袋(2g)
 しょうゆ...大さじ3
  酢...大さじ3
  砂糖...大さじ2
  みりん...大さじ2
  刻みとうがらし...小さじ1/21905_p040_01.jpg
作り方

 玉ねぎをすりおろす。1905_p040_03.jpg 
 湯沸かし器のお湯を流しながらレモンの皮をブラシを使って洗い、ワックスを流す。1905_p040_04.jpg 
 水けを拭き、皮をすりおろす。果汁は搾る。1905_p040_05.jpg 
 熱湯に削りがつおを加え、10秒おいたら茶こしやざるでこす。1905_p040_06.jpg 
 耐熱ボウルにを入れ寒天をふり入れて混ぜ、ラップなしで電子レンジ600Wで1分加熱し、すぐに取り出してよく混ぜる(鍋で弱火1分で煮溶かしてもよい)。1905_p040_07.jpg 
 耐熱ボウルに13Aを入れて混ぜ、最後に5を加えてよく混ぜる。常温までさましてから、完全に乾いた容器に移す。冷蔵で1カ月保存可能。1905_p040_08.jpg

 

さっぱり塩味ベース
「刻みタイプ」

大さじ1あたり6kcal/塩分0.3g

1905_p041_02.jpg

材料(できあがり400?)
玉ねぎ...1個(200g)
レモン...1個(45g)
水...100ml
鶏がらスープの素(顆粒)...小さじ1
粉寒天...小1袋(2g)
 酢...大さじ3
  砂糖...大さじ1
  酒...大さじ1
  塩...小さじ1
  こしょう...小さじ1/41905_p041_01.jpg

作り方
 玉ねぎをみじん切りにする。1905_p041_03.jpg 
 湯沸かし器のお湯を流しながらレモンの皮をブラシを使って洗い、ワックスを流す。1905_p041_04.jpg 
 水けを拭き、皮は2㎝長さのせん切りにし、果汁は搾る。1905_p041_05.jpg 
 耐熱ボウルに水と鶏がらス 玉ねぎをみじん切りにする。スープの素と寒天を入れて混ぜ、ラップなしで電子レンジ600Wで1分30秒加熱し、すぐに取り出してよく混ぜる(鍋で弱火1分30秒で煮溶かしてもよい)。1905_p041_06.jpg 
 ボウルに13Aを入れて混ぜ、最後にを加えて混ぜる。常温までさましてから、完全に乾いた容器に移す。冷蔵で1カ月保存可能。1905_p041_07.jpg

 

【その他の柑橘類でも楽しめます!】
レモン以外にも季節の旬の柑橘類、かぼすやゆずなどを同量使っても味の違いが楽しめます。1905_p041_08.jpg

 

次の記事「最強タッグ!「玉ねぎレモンポン酢」7つの健康効果とは/玉ねぎポン酢(2)」はこちら。
取材・文/石井美佐 撮影/中野正景 

 

<教えてくれた人>

村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

管理栄養士・料理研究家。福岡県生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学内「村上祥子料理研究資料文庫」では50万点の資料が一般公開されている。

この記事は『毎日が発見』2019年5月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP