老化を食い止めるために...食事による「抗酸化対策」のススメ

糖質制限をしても痩せられない、同年代の他の人に比べてシミやシワが多い...もしかしたら、自分の「遺伝子」に合ったやり方をしていないからかもしれません。そこで、これまで約3000人の遺伝子カウンセリングをしてきた植前和之さんの著書『自分の遺伝子がわかる本』(アスコム)より、簡単なチェックでわかる自分の遺伝子に合うダイエットや健康法についてご紹介します。

pixta_60742757_S.jpg

老化しやすい遺伝子の人は食で老化を止める

老化しやすい遺伝子を持つ人は、いますぐにでも抗酸化対策をはじめるようにしましょう。

何もしなければ、あっという間に体のあちこちに老化現象が起きるようになります。

40歳のときに、50歳に見られるのと30歳に見られるのでは大違い。

早めの対応で、年齢相応には見られるようにしましょう。

対策は、まず食事から。

抗酸化作用のある成分が含まれている食材を積極的に摂ることです。

抗酸化力のあるビタミンには、レモン、キウイ、イチゴなどに含まれているビタミンC、アーモンド、大豆、カボチャなどに含まれているビタミンE、ニンジン、キャベツなどに含まれているビタミンAがあります。

抗酸化ビタミン以上に期待されているのが、ファイトケミカル。

ファイトケミカルは、食材の苦みや辛み、色素や臭いの強いもの、ネバネバ物質などに多く含まれている成分で、カラフルな色をしていたり、味が濃かったりする野菜や果物に多く含まれています。

ファイトケミカルの中でも注目されているのは、ポリフェノール、カロテノイド、含硫化合物です。

ポリフェノールには、赤ワインやブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、チョコレートの原料のカカオ豆に含まれるカカオポリフェノール、緑茶や抹茶に含まれるカテキン、大豆や納豆、豆腐などの大豆類に含まれるイソフラボンなどがあります。

カロテノイドには、ニンジン、カボチャなど緑黄色野菜に含まれるベータカロテン、トマトやスイカなどに含まれるリコピン、ほうれん草やブロッコリーなどに含まれるルテインなどがあります。

サケやエビ、カニの色素アスタキサンチンもカロテノイドの一種です。

含硫化合物には、大根やわさびなどの辛み成分に含まれるイソチオシアネート、たまねぎやキャベツに含まれるシステインスルホキシドなどがあります。

ファイトケミカルは、最近では第7の栄養素として評価が高くなってきています。

ちなみに、炭水化物、脂質、たんぱく質が三大栄養素、無機質(ミネラル)、ビタミンを加えて五大栄養素、そして食物繊維とファイトケミカルを加えて七大栄養素といわれています。

ファイトケミカルが発見されたときには、「人類を救う栄養素が見つかった」といわれたほど。

その理由は、ファイトケミカルが細胞の修復を行うことが発見されたからでした。

抗酸化作用のある成分は、野菜や果物、魚など、いろいろな食材に含まれています。

気をつけるのは、できるだけ化学肥料や農薬を使わずに育てられたオーガニック食材を選ぶことです。

最適な健康法が見つかる『自分の遺伝子がわかる本』記事リストはこちら!

6bbdae8df6dd10d3aede3d839da3f7550e49f389.jpg6章にわたって「糖質制限遺伝子」や「デブ遺伝子」など、ダイエットや健康にまつわる6つの遺伝子の特性をとにかくわかりやすく解説してくれます!

 

植前和之(うえまえ・かずゆき)

1968年生まれ。中京大学体育学部にて運動生理学、栄養学、トレーニング論を学ぶ。卒業後、医療機関勤務を経て独立し、健康関連事業をスタート。日本人としてほぼ初となる遺伝子カウンセラーとして、3,000人以上にカウンセリングを実施。現在は、遺伝子・健康・栄養・生活習慣の指導の事業に注力しており、ダイエットや健康、子育てや健康学の講演活動を行っている。講演回数は毎月30回前後、年400回程度と精力的に活動し、幅広いファンを獲得している。

shoei.jpg

『めんどうな遺伝子検査をしなくても自分の遺伝子がわかる本』

(植前和之/アスコム)

人間の体質は、親からもらった遺伝子に大きく左右されます。遺伝子カウンセラーである著者が、3,000人に及ぶカウンセリング結果に基づいて考案した「チェックリスト」を掲載! お金も時間もかけずに「自分の遺伝子の特性」を知ることで、自分の遺伝子に合わせた健康法やダイエット法を見直すことができる、話題の一冊です。

※この記事は『めんどうな遺伝子検査をしなくても自分の遺伝子がわかる本』(植前和之/アスコム)からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP