42歳、何をしても痩せなくなってきた私。紹介された「遺伝子ダイエット」で検査してみたら...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:もちこ
性別:女
年齢:42
プロフィール:自分に合うダイエットに出会えてからノンストレス!健康美目指してます。

9.jpg

昔から、様々なダイエットにチャレンジをしてきた私。

痩せたり戻ったりで、話題のダイエットがあれば「これなら私も!」と食いつき、なんだかいつもダイエットをしているような気がします。

30代後半くらいからでしょうか。

代謝が落ちてきたのか、食べる量を減らしても痩せなくなってきました。

また、年々辛くなっていく冷えも気になるところ。

しかし食べる量を減らしたら、なんだか体調もイマイチ。

何をしたら痩せるのかわからない! とイライラ。

そんな時に、出会ったのが、知人に紹介してもらった遺伝子別ダイエットでした。

遺伝子別ダイエットは、簡単に言えば自分の遺伝子を調べてもらい、体質に一番合うダイエット法を教えてくれるというもの。

遺伝子と聞くと、なんだか難しそうですが、検査方法はとても簡単!

私の場合は、インターネットで検査キットを購入しました。

綿棒のような採取棒で、頬の内側を擦って細胞を採取。

あとは返送して結果を待つだけ。

遺伝子は、一生変わらないので、検査は1回のみでOKです。

自宅で検査ができるというのも手軽で嬉しい!

約1カ月後に検査結果が届きました。

私は、脂肪を燃焼させる効率が悪く、脂質で太りやすいタイプで、洋なし型というタイプでした。

洋なし型の特徴は、お肉や揚げ物、クリームなどこってりとした食べ物を好む傾向にあるとのこと。

また、ストレスが溜まるとたくさん食べたくなる人が多いそうです。

確かに私はから揚げや、天ぷら大好き! 和菓子よりもケーキが好き。

びっくりするほど、当たっていました。

そこで動物性脂肪を摂りすぎないようにし、油はオリーブオイルなどの良質なものに変更。

お肉もなるべく赤みの多いヒレ肉を選び、魚や大豆製品も積極的に食べることにしました。

あとは運動! 

姿勢良く歩いたり、階段を使ったり、筋肉を使うことを心がけています。

昔、試してダメだった単品のものだけしか食べないダイエットと違い、バランス良く食事をしています。

そのため、お腹が空いたというストレスがないのが少ないのがうれしいです。

そして、緩やかではありますが、体が軽くなったと実感しています。

今は筋肉をつけて、基礎代謝を上げて、冷えを撃退したい! と張り切っているところです。

生活を見直して、体重を減らすということよりも、普段の生活が大事ということを思い知らされました。

痩せることよりもまずは健康的な生活。

これを続けることがダイエットに繋がるということに気付けたのは大きかったです。

これからは、ちょっと太っちゃったかな? という時も、流行りのダイエットには振り回されません!

自分に合った食事や、運動で健康美を目指そうと思っています。


■おすすめの体験記
生まれてくる孫のため「禁煙貯金」を決意した夫。5年かけて開けたら...うれしい悲鳴!
「ママ友」はあくまで「子供の友達のママ」。そんなドライな私が驚愕した「ママ同士の呼び方ルール」
1人1本なのに、なぜか40本のマヨネーズが...! 義母がとった仰天行動

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP