実は野菜にも糖質は増えています。「糖質制限」で気をつけたい「食材選び」とは

糖質制限をしても痩せられない、同年代の他の人に比べてシミやシワが多い...もしかしたら、自分の「遺伝子」に合ったやり方をしていないからかもしれません。そこで、これまで約3000人の遺伝子カウンセリングをしてきた植前和之さんの著書『自分の遺伝子がわかる本』(アスコム)より、簡単なチェックでわかる自分の遺伝子に合うダイエットや健康法についてご紹介します。

pixta_41332137_S.jpg

最近の野菜は食べ過ぎると太るから要注意

糖質制限超OK遺伝子とOK遺伝子の人には、健康やダイエットのために糖質制限は有効です。

ただし、極端な糖質制限はNG遺伝子の人と同じように体を壊すことになります。

超OK遺伝子やOK遺伝子の人が糖質制限に加えて気をつけてほしいのが、食材選び。

糖質制限の対象となるのは、砂糖やはちみつ、それから白米やパン、うどん、じゃがいも、そして果物、甘いお菓子などでしょうが、対象外となりそうな野菜にも注意が必要です。

あなたは、甘くて食べやすい野菜が増えていると気づいていますか。

ニンジンもたまねぎも、昔よりはるかに食べやすくなっています。

これは、野菜に含まれる糖質が品種改良によって増えているからです。

野菜だからと安心して食べ過ぎると、ごはんを減らしても糖質制限効果がなくなってしまいます。

炭水化物の糖質化も進んでいます。

じゃがいもやさつまいもなどの穀物類も、甘くておいしくなりました。

炭水化物は糖質と食物繊維で構成されていますが、最近ではほとんど糖質になってきています。

糖質を食物繊維と一緒に摂るのと、糖質だけを摂るのでは、体に与える影響は大きく違います。

体の中に摂り込まれた糖質は、糖(ブドウ糖)に分解されて血液中に運ばれます。

そうすると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されて、脳や肝臓、筋肉などの各組織のエネルギー源として吸収されます。

問題は、血液中に運び込まれる糖の量とスピード。

短時間に大量の糖が運び込まれると、一気に血糖値が上がります。

これを「血糖値スパイク」といいます。

血糖値スパイクが起きると、まず、トゲトゲの形をしている糖が血管を傷つけることになります。

次に、インスリンが大量に分泌されるため、あとから使う予定だった糖まで、どんどん脂肪として蓄積します。

それでも余ってしまう糖は、糖化現象を引き起こします。

実は、糖化は、食後約1時間以内の現象で、糖が余っていなければ起きません。

炭水化物でいうと、糖質の分解スピードをゆるやかにしてくるのが食物繊維。

だから、炭水化物の糖質化は危険なのです。

白米より玄米が体に良いといわれるのは、食物繊維が多いからでもあります。

あらゆる食材に含まれる糖質の糖への分解スピードを数値化したのが、「GI値(グリセミック指数)」。

数値の低い食品ほど、血糖値スパイクを起こさない食材といわれています。

健康やダイエットのために糖質制限を行うときは、単に糖類や炭水化物を減らすだけでなく、GI値にも気を配るようにしましょう。

最適な健康法が見つかる『自分の遺伝子がわかる本』記事リストはこちら!

6bbdae8df6dd10d3aede3d839da3f7550e49f389.jpg6章にわたって「糖質制限遺伝子」や「デブ遺伝子」など、ダイエットや健康にまつわる6つの遺伝子の特性をとにかくわかりやすく解説してくれます!

 

植前和之(うえまえ・かずゆき)

1968年生まれ。中京大学体育学部にて運動生理学、栄養学、トレーニング論を学ぶ。卒業後、医療機関勤務を経て独立し、健康関連事業をスタート。日本人としてほぼ初となる遺伝子カウンセラーとして、3,000人以上にカウンセリングを実施。現在は、遺伝子・健康・栄養・生活習慣の指導の事業に注力しており、ダイエットや健康、子育てや健康学の講演活動を行っている。講演回数は毎月30回前後、年400回程度と精力的に活動し、幅広いファンを獲得している。

shoei.jpg

『めんどうな遺伝子検査をしなくても自分の遺伝子がわかる本』

(植前和之/アスコム)

人間の体質は、親からもらった遺伝子に大きく左右されます。遺伝子カウンセラーである著者が、3,000人に及ぶカウンセリング結果に基づいて考案した「チェックリスト」を掲載! お金も時間もかけずに「自分の遺伝子の特性」を知ることで、自分の遺伝子に合わせた健康法やダイエット法を見直すことができる、話題の一冊です。

※この記事は『めんどうな遺伝子検査をしなくても自分の遺伝子がわかる本』(植前和之/アスコム)からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP