安心してちゃダメ! 更年期がなかった、軽かった人ほど手指の痛み、腫れが起こりやすい/手指の痛み改善法(6)

6main.jpg

手や指に、痛みや腫れなどの違和感を覚えた経験はありませんか? 
「手や指の病気の多くは、腱や靭帯、関節などが変形する変性疾患と呼ばれるものです。患者の8割は女性で、年齢的には50代がピークになります。しかし、手や指の違和感は放置しやすく、60歳前後になって関節が変形したり、痛みが増したりして病院を訪れる方が多いのです」とは、四谷メディカルキューブ手の外科・マイクロサージャリーセンター長の平瀬雄一先生。あなたの手指の痛みや腫れについて、さっそくチェックしていきましょう。

◇◇◇

閉経前後の手指の痛み、腫れの放置は関節の変形につながる!

女性ホルモンの減少が、更年期症状を起こします。「手指の悩みで来院する方の大半は、更年期症状がなかった、軽かったと言うのですが、手指の違和感もその一つです」(平瀬先生)。

閉経前後に発症した手指の違和感を、更年期症状と気付かずに放置すると、7〜10年後には関節が変形し、後戻りができない状態になります。更年期症状の緩和には、女性ホルモンの補充療法がありますが、一方で乳がんや子宮がんのリスクが増します。

前の記事:「女性ホルモンが急激に低下する人ほど、手指の不調が起こりやすい!/手指の痛み改善法(5)」はこちら。

  

手指の痛み、腫れを感じたら「エクオール」の摂取がおすすめ

おすすめは、女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きをする「エクオール」の摂取です。大豆製品の摂取でエクオールを体内でつくれる体質の人もいますが、日本人の場合、およそ半数。つくれない人は、サプリメントで摂るのも一策です。

自分の体質を意識することで、手指の病気は防げます。「使い過ぎたら冷やして休ませる」、「女性ホルモンの急激な低下を防ぐ」など、日ごろの対策で、手指の健康を維持しましょう。

  

【閉経前後の手指の痛みやしびれを放置すると...】

013.jpg

  

(↓)指が横に曲がった状態でかたまる、指がまっすぐ伸ばせないなど、指の変形が起こります。

014.jpg

  

(↓)指を伸ばそうとすると痛んでカクンとはねる、特定の手指がしびれるなど、手指のしびれや痛みが悪化します。

016.jpg

  

(↓)関節がこわばる、腫れる、スムーズに曲げ伸ばしができないなど、手指が動かしにくくなります。

015.jpg

  

手指の痛みやしびれをさらに放置すると...】

薬物療法や手術などによる治療が必要になります。

  

次の記事:「手指の痛みやしびれは食品で予防できる!? 手指のトラブル予防Q&A/手指の痛み改善法(7)」はこちら。

  

平瀬雄一(ひらせ・ゆういち)先生
<教えてくれた人>
平瀬雄一(ひらせ・ゆういち)先生
四谷メディカルキューブ手の外科・マイクロサージャリーセンター長。東京慈恵会医科大学卒業。埼玉手の外科研究所形成外科部長などを経て、2010年より現職。
この記事は『毎日が発見』2017年10月号に掲載の情報です。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット