女性の大腸がんが少ないって本当?/大腸がんの常識・非常識

40歳過ぎから発症率が高まる大腸がん。いろいろな噂が飛び交って、中には事実とは事実と違う情報もあるようです。そこで、大腸がんの第一人者である玉川病院外科部長、東京医科歯科大学特命教授、安野正道先生に「誤解しやすい情報」について教えてもらいました。

pixta_50560479_S.jpg 
■女性の大腸がんは少ないって本当ですか?

【正解】
その答えはノーでもあり、イエスでもあります

大腸がんになる人の数は増加傾向にあります。主な理由は、食生活の欧米化(高脂肪食)、食物繊維不足、高齢化です。また、検査技術の進歩と普及により、早期発見により死亡する人の数は減っています。女性の大腸がんは多くないかというと、確かに男性に比べれば大腸がんになる人も、大腸がんで亡くなる人も少ないですが、女性だけで見るとがんによる死亡数が最も多いのは大腸がんです。

女性がかかりやすいがんとしても、乳がんについで2番目に多いというデータが出ています。女性は大腸がんになりにくいわけではなく、男性の方が死亡する人が多いのです。女性も油断せずに、そして検査を恥ずかしがったり嫌がったりしないで、便潜血検査を1年に1回は受けましょう。


■2017年に大腸がんで死亡した人

(60歳以上年齢階層別)

1907p046_1.jpg

単純に人数のみで比較すると、男性24,847人、女性21,595人となる。

 

■がんによる死亡数が多い部位(2017年)

1907p046_2.jpg

男女で順位は異なるが、大腸がんはいずれも死亡数が多い(全年齢の総計)。

 

■罹患数が多い部位(2014年)

1907p046_3.jpg

罹患部位にも男女差が表れています(全年齢の総計)。

出典/国立がん研究センター がん情報サービス「最新がん統計」

 

その他の「大腸がんの常識・非常識」記事リストはこちら!

取材・文/宇山恵子

 

 

<教えてくれた人>

安野正道(やすの・まさみち)先生

玉川病院外科部長、東京医科歯科大学特命教授。 正確かつ迅速な診断と、適切な治療がモットー。

この記事は『毎日が発見』2019年7月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP