「自費治療が多くてお金が続かなかった」更年期、めまいに悩む49歳女性に医師のアドバイスは...⁉

顔から汗が止まらない、イライラが抑えきれない、 悲しくもないのに涙が出る...それは「女性ホルモン」が原因かもしれません。そこで、15年間婦人科に通い続けドクターと二人三脚で若年性更年期を乗り越えた葉石かおりさんの著書『死んでも女性ホルモン減らさない!』(KADOKAWA)より、女性ホルモンと更年期の関係や食生活、運動、心のケアについてご紹介します。

pixta_56114116_S.jpg

女性ホルモン減少による更年期体験&対策

更年期を乗り越えてきた人から、来る更年期に向け事前ケアをする人まで生の声をキャッチ!


Y・T さん│ 49 歳│ 会社員

今は生理がほとんどない状態です。

年に一度、忘れた頃に出血があることも。

婦人科を受診したのは、めまいがひどかったから。

内科を受診しても原因がわからず、生理不順のこともあったので更年期を疑って受診しました。

その際、ホルモン検査の結果を踏まえ、医師にはっきりと「更年期です」と言われ、自分でも納得しました。

漢方薬2種、HRT の貼り薬を処方してもらったのですが、肝心のめまいが完治せず。

手ごたえが感じられなかったのに加え、毎回プラセンタ注射を打つなど自費治療が多く、お金が続かなかったので通院を止めました。

その後、母からのすすめで市販の漢方薬を飲んで落ち着いています。

今は特に目立った症状はありません。

いいパートナードクターがみつかるといいのですが。


ドクター一枝から一言

Yさんの場合、自費がメインのクリニックを受診されたようですが、保険診療で更年期治療ができるクリニックはたくさんあります。

根気よく探してみてください。

またHRTの効果が出やすいホットフラッシュと異なり、めまいは比較的改善までに時間を要します。

再び症状が出た際は1~2カ月で治療を止めてしまわず、長いスパンで続けてみてください。

今は漢方薬も市販されていますが、保険診療の場合、3分の1程度の値段で処方してもらうことができ、結果として安価で済みます。

【まとめ】『死んでも女性ホルモン減らさない!』記事リスト

81l-FPgF1BL.jpg

女性ホルモンと更年期の関係や、更年期での食生活・運動・心のケアなどが、3章にわたってわかりやすく解説されています

 

葉石かおり(はいし・かおり)
ラジオレポーター、週刊誌の記者を経て、エッセイスト、酒ジャーナリストに。年下婚、離婚などを経験し、各メディアにエッセイやコラムを寄せる。また、国内外でサケ・アカデミーを開講し、日本酒の伝道師・SAKE EXPERT の育成を行う。お酒と健康について、医師に取材した著書『酒好き医師が教える最高の飲み方』(日経BP 社)が13 万部を超えるベストセラーに。

shoei.jpg

『死んでも女性ホルモン減らさない!』

(葉石かおり/KADOKAWA)

つらい更年期をハッピーな「幸年期」に変えるのはケア次第なんです。著者が15年間婦人科に通い続けドクターと二人三脚で編み出した「女性ホルモンとの付き合い方」が、マンガを織り交ぜてわかりやすく紹介されています。女性ホルモンと更年期の関係や、食生活・運動・心のケアなど、更年期と向き合うためのヒントを教えてくれる一冊です。

※この記事は『死んでも女性ホルモン減らさない!』(葉石かおり/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP