冷え性対策には「ぬるめ」のお湯。40~41℃のお風呂に10分で手足の温もりをキープして

肩や首のコリ、目疲れや肌あれ・・・年齢を重ねるごとに増えていく体の不調。これらを解消するのに外せないのが、毎日入る「お風呂」でしょう。医学的にお風呂を研究する医師・早坂信哉さんは「入浴方法を少し変えれば、さらなる健康効果が期待できる」と言います。そこで、早坂さんの著書『最高の入浴法~お風呂研究20年、3万人を調査した医師が考案』(大和書房)から、「疲労回復できる入浴法」のエッセンスを連載形式でお届け。今夜からお風呂の時間が劇的に変わります。

063-008-113.jpg

イラスト/二階堂ちはる

「冷え性」に効く入浴法


熱いお湯ではなく、ぬるめのお湯!
● 温めようとして、やたらと熱いお湯に入るのは避けましょう。
● 冷えの対策には、40~41℃程度のお湯に10分ほど浸かること。


冷えに悩む人には「ぬるいお湯に入りましょう」とアドバイスをしています。

すると、たいていの人からは、けげんそうな顔をされます。

「冷え性には、熱いお湯のほうがいいのでは?」ということでしょう。

しかし、これにはきちんと医学的な理由があります。

そもそも「冷え」とはいったい何でしょうか?

冷えに悩む人は多く、特に女性では約半数の人が冷え性であるといった報告もあります。

これは日本人に特有の症状とも言われており、驚くことに、海外では冷えという概念がありません。

そのため現代西洋医学をベースにしている医学部の教育では冷えを習う授業はほとんどなく、おそらく漢方薬の授業の中ですこし触れるくらいでしょう。

女性に冷えを訴える方が多いのは、男性と比べて筋肉量が少ないからだと言われています。

筋肉は血流をよくし、熱をつくるはたらきがあるためです(とはいえ、私が大学の講義で学生たちに質問したところ、男子学生でも冷えの症状を感じている人はいましたので、男女共通の悩みとも言えます)。

現在、冷えは一般的に「体に自覚的な冷えの苦痛があるもの」「体幹と末梢の温度差が大きい」「いったん冷えると体温の回復が遅い」などとされています。

特に手足の末端が冷えると感じる方も多いようで、症状の緩和にお風呂は必需品となっています。

熱いお湯に入ってはいけない

冷えの対策には体の温めが大切、と考えてやたら熱めのお風呂に入る人もいるでしょう。

しかしこれは誤りです。

確かに、42℃以上のちょっと熱めの湯に浸かりますと、体温も一時的には上がり、手足の皮膚の温度も上がります。

しかし、熱い湯で急に体温を上げても、体の温まりは持続しません。

なぜなら、人の体は急な体温上昇があると、汗をたくさんかいて急速に体温を下げようとはたらくからです。

結果として、体温は急速に下がっていくので、冷えの症状は改善しません。

ですので、冷えの対策には、40~41℃程度のお湯に浸かることをおすすめしています。

実際、私が出演したあるテレビ番組の実証実験で、41℃のお湯に浸かった後と、42℃のお湯に浸かった後の皮膚の温度変化をサーモグラフィーという機器で時間を追って測定しました。

入浴直後は42℃の方が体温も高いのですが、1時間後には41℃の方が体の温まりが保たれていたのです。

通常は40~41℃で入浴時間は10分で充分ですが、足りない場合はちょっと長めに浸かってもいいでしょう。

ふつうに考えれば「冷えは熱いお湯で改善する」と思ってしまいがち。

しかし、それが効果的でないこともあるのです。

※お湯の温度は、1℃の違いで体に与える効果が変わります。自宅の浴槽に温度調節機能がない場合は、お風呂用の「湯温計」のご利用をおすすめします。ホームセンターや、デパートのベビー用品コーナーなどで販売されています。
※掲載されている入浴法は、様々な医学的研究の結果から、その効果が一般的に期待されるものです。ただし、個人の体質や疾患の性質により、その効果には個人差があります。症状が緩和しない場合、主治医に相談してください。

お風呂研究20年の医師が考案した『最高の入浴法』記事リストはこちら!

063-syoei-saikounonyuuyoku.jpg入浴の効果から方法までが5章にわたって解説され、「正しい入浴」がすぐに実践できます。体の不調別入浴法や温泉や銭湯の効果的な入り方も

 

早坂信哉(はやさか・しんや)

温泉療法専門医、博士(医学)。東京都市大学人間科学部教授。1993年自治医科大学医学部卒業後、地域医療に従事。2002年自治医科大学大学院医学研究科修了後、浜松医科大学医学部准教授、大東文化大学スポーツ・健康科学部教授などを経て、現職。(一財)日本健康開発財団温泉医科学研究所所長、(一社)日本銭湯文化協会理事、日本入浴協会理事。

shoei.jpg

『最高の入浴法~お風呂研究20年、3万人を調査した医師が考案』

(早坂信哉/大和書房)

生活習慣としての「入浴」を医学的に研究する第一人者が考案した、疲れきった体と心を整える「お風呂の効果」倍増メソッド! いつもの家風呂も、たまに行きたくなる温泉や銭湯も、入り方をちょっと変えれば、その健康効果は大きく変わります。血流アップ&自律神経が整えられる、まさに「最高の入浴法」をまとめたお風呂のバイブル。

※この記事は『最高の入浴法~お風呂研究20年、3万人を調査した医師が考案』(早坂信哉/大和書房)からの抜粋です。
PAGE TOP