将来の認知症を遠ざけるために!「パズルで脳トレ」のススメ

50歳を超えると特に気になる「将来の認知症」。年齢とともに認知症になるリスクは上がり、65歳以上では7人に1人が発症するというデータがあります。そこで、日本認知症予防学会理事長の浦上克哉先生に教えていただいた「認知症を防ぐための12の方法」の1つ、「パズルや将棋など頭を使って指先を動かす」効果についてご紹介します。

2009_P035_01.jpg

【認知症を防ぐ方法⑪】パズルで脳トレ

「クロスワードパズルやナンプレ、ドリルなどに取り組めば、文字や数字に触れる良い機会となり、楽しみながら判断力や記憶力が鍛えられます」と浦上先生。

頭を使って指先を動かす「知的活動」は、認知症予防に効果があると考えられています。

問題選びは人によって好みがあります。

例えば、昔から数字が苦手だった人は、数学のドリルではなく、ストレスにならないようにほかのパズルやドリルを選びます。

2009_P035_02.jpg

将棋や囲碁など、相手と行うゲームも脳を活性化させます。

アメリカの大学の研究によると、相手が必要なゲームをよく行う75歳以上の人は、認知症発症率が0.26倍に減ることが分かりました。

【まとめ読み】特集「認知症を防ぐ12の方法」記事リスト

取材・文/松澤ゆかり 撮影/木下大造 イラスト/落合 恵

 

<教えてくれた人>

日本認知症予防学会理事長
浦上克哉(うらかみ・かつや)先生
鳥取大学医学部保健学科生体制御学講座環境保健学分野教授。医学博士。日本認知症予防学会理事長。著書は『認知症&もの忘れはこれで9割防げる!』(三笠書房)など。

shoei.jpg

認知症&もの忘れはこれで9割防げる!

浦上克哉三笠書房

今回の特集で認知症を防ぐ12の方法を教えてくださった浦上先生の著書。「好きなことや楽しいことで”脳の控え選手”を鍛える」「体を動かしながら頭を使う」「旅先で新しい体験と感動に出合う」など、認知症予防の方法が詰まった、わかりやすい一冊です♪

この記事は『毎日が発見』2020年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP