1日3分見るだけ!話題の視力回復法「ガボール・アイ」とは?

外から入って来た視覚情報を正確に取り込む役割の「目」。目から得られた情報は、視神経を通して脳に伝わり脳で処理されます。しかし、目は加齢とともに見え方の質が少しずつ低下していきます。
そこで、今回は長年、目の治療を行っている眼科医の平松類先生に、1日3分見るだけの視力回復法「ガボール・アイ」についてお聞きしました

視力回復法「ガボール・アイ」をやってみましょう

カリフォルニア大学をはじめとする研究機関で、視力回復に有効だと研究結果が報告されている「ガボール・アイ」。
眼球で見えた情報を処理する「脳」を鍛えるのが目的です。人間は「水晶体」というレンズで捉えた物の情報を脳で処理して、見えたものを認識します。視力は主に「眼球」と「脳」で決まるのです。

「科学的な方法に基づき、縞模様と背景を白黒にしているのがポイントです」と平松先生。下のやり方を参考に、1日3分程度、ゲーム感覚で行えば効果が実感できます。

「ガボール・アイ」のやり方

1910p054_01.jpg① 上の図の好きな縞模様(ガボール・パッチ)を1つ選びます。
② 模様がよく見える距離で、選んだ縞模様と同じ縞模様を「問題」から全部探し出します。
③ 全部見つけ出したら、別の縞模様を選んで同じように繰り返します。
④ 以上の①〜③を1回につき、3分から長くても10分を目安に行いましょう。

「問題」にある全部の縞模様について行う必要はありません。眼科治療の必要のない人が対象になります。「ガボール・アイ」を行っているときに体の不調を感じた場合は中止してください。また視力の回復には個人差があります。

では、下に答え合わせを掲載しますので、確認してみてください。

1910p054_02.jpg   同じマークが同じ記号です。

取材・文/松澤ゆかり  

特集「ほっとかないで!加齢で進む目の病気」のその他の記事はこちら!

 

<教えてくれた人>

平松類(ひらまつ・るい)先生

医学博士、眼科専門医。二本松眼科病院医師、昭和大学兼任講師、彩の国東大宮メディカルセンター勤務。著書は『緑内障の最新治療』(時事通信社)など多数。

さらに多くの「ガボール・アイ」の問題に挑戦したい方に!平松先生の著書があります

71PLGFte0KL.jpg

『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる!ガボール・アイ』

「近視視力が0.4から1.0に」「くっきり見える」など、視力がよくなった人の報告も!

SB Creative 本体1,200円+税
著/眼科医・医学博士 平松類

この記事は『毎日が発見』2019年10月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP