酢でお掃除!キッチン汚れを撃退する自家製「酢プレー」の魅力

どこの家庭にもある酢は、料理につかうだけじゃもったいない! 酢は殺菌・除菌効果も持つ優れた液体です。酸の働きを持つ酢は、主に水あか汚れを落とします。水道の蛇口などにこびりついた汚れにパワーを発揮してくれるので、ぜひ使ってみましょう。生活研究家の阿部絢子さんに酢の活用法を教えてもらいました。

 

1.酢のスプレー「酢プレー」を作ってみましょう! 酢掃除の基本セット

【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_016_画像_0003.jpg

■材料
・酢(穀物酢)
・スプレーボトル
・キッチンペーパー

■作り方
「酢掃除」では穀物酢を原液のまま使用。ワインビネガー、すし酢は使いません。全部混ぜて、スプレーボトルに入れ替えると便利です。キッチンペーパーは付け置きで使います。

 

2.酢でキッチンを掃除しましょう!

■シンクの水あか

1 酢をスプレー

【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_017_画像_0013.jpg

キッチンの蛇口やシンクの中など、水あか汚れが気になる場所にキッチンペーパーを貼り付け、上から酢をたっぷりスプレーします。

 

2 付け置き

【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_017_画像_0005.jpg

30分くらい放置します。酢をスプレーするだけでは液垂れしてしまうので、付け置きには保湿性のあるキッチンぺーパーが必須アイテムです。

 

3 こすり取る

付け置きしたキッチンペーパーで汚れをこすり取ります。蛇口の接続部や頑固汚れはブラシでゴシゴシ。普段見えない蛇口の裏に汚れがたまっている場合があるので要チェック。汚れが落ちたら水で洗い流し、最後に布巾で拭き上げます。水分を残さないことが新たな水あか汚れをつくらないポイント。吸水性のあるマイクロファイバー布巾がおすすめ。

 

 
■ガスレンジの油汚れ

1907p025_2.jpg

1 油汚れを重曹せっけんで付け置き
【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_019_画像_0008.jpg

ボウルの水(400cc)に一般的な固形せっけんを白濁するまで溶かし、重曹(大さじ2杯)を混ぜたせっけん水を作ります。浸したキッチンペーパーを油汚れに30分ほど付け置きを。せっけんは油汚れを乳化させ、アルカリ性の重曹は親油性を増す働きをします。重曹入りせっけん水を塗布すると、油汚れを落としやすくします。

 

2 頑固汚れはスプーンの柄でこすり落とす

(右)頑固汚れは付け置きする前に、スプーンの柄で汚れに傷をつけておくとせっけん水が浸透しやすい。(左)つけ置き後にブラシで取れない汚れはスプーンの柄でこすり取ります。

 

3 酢で仕上げ拭きをする

油汚れを拭き取ったら、最後に酢をスプレーした布巾で拭き上げます。掃除で使ったせっけんや重曹などのアルカリ成分を中和させることで、キレイな仕上がりになります。

 

■排水溝の水あか・細菌

1907p025_1.jpg

1 「重曹+酢」でぬめり汚れを浮かせる

ぬめりは水中にたまった食物かすなどに細菌が付いたもので、常に水分がある場所にできやすい。排水口全体に重曹粉末を振りかけてから、酢をかけて汚れを浮かせます。アルカリ性の重曹に酸性の酢をプラスすると、反応してシュワシュワッと発泡。その泡の振動が汚れにも響き、ぬめり汚れを浮かせる働きをします。

 

2 頑固汚れをブラシでこする

【抜粋】毎日が発見_7月号_紙版_ページ_019_画像_0003.jpg

ぬめり汚れが浮き上がっても、それだけでは汚れは落ちないので、ブラシでゴシゴシこすります。凸凹に合わせて歯ブラシや爪ブラシなどを組み合わせましょう。

 

その他も必読!「お酢の魅力」特集記事はこちら!

取材・文/米原晶子 撮影/吉田篤史

 

 

<教えてくれた人>

阿部絢子(あべ・あやこ)さん

生活研究家。薬剤師として洗剤メーカーに勤務後、消費生活アドバイザーとして活躍。欧米の環境問題にも詳しい。『ひとり暮らしのシンプル家事』(海竜社)など著書多数。

この記事は『毎日が発見』2019年7月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP