認知症を促進させる要因はこんなにたくさん! 「高血圧」と「血中脂質」、負の連鎖を生む「歯周病」

超高齢社会の現代において、認知症は誰もがなりうる病気の一つ。脳は体よりも老化が早いといわれています。10の新常識を知って、脳の健康寿命を延ばしましょう。今回は、アルツクリニック東京院長、順天堂大学医学部名誉教授の新井平伊(あらい・へいい)先生に「『脳寿命』を延ばす新常識」をお聞きしました。

【前回】認知症の発生リスクを高める「難聴」とリスク2倍の「糖尿病」。適切な対策で脳の健康寿命を延ばす!

【最初から読む】2025年には5人に1人が認知症!? 「脳が老化する4つの仕組み」を知って老化予防を心がけよう
2106_P047_01.jpg

【新常識】血圧と血中の脂質をチェックする

認知症リスクの上昇要因
中年期からの対策がカギ

糖尿病と並び、認知症の発症リスクを高める生活習慣病が、高血圧と脂質異常症です。

「血圧が高くなると血管の壁に圧力がかかり、血管が傷つき、動脈硬化の原因に。脳卒中などを起こして脳にダメージを与えます」と、新井先生。

特に中高年期に高血圧を放置すると、高齢時の認知症発症リスクが高まることが分かっています。

ただし、高齢者が血圧を下げ過ぎると、逆に認知機能が衰える場合も。

中年期からの血圧コントロールが大切です。

脂質異常症も動脈硬化を引き起こして、脳梗塞や脳出血といった脳血管障害の要因となります。

血管性認知症も発症しやすくなりますが、この場合も早めの対策が重要。

高齢になってから脂質管理を始めても、認知機能の低下を防ぐ効果は低いとされています。

2106_P047_03.jpg

【新常識】歯周病は負の連鎖を生む

認知症を促進させる歯周病はすぐに治療を

最近の研究によると、歯周病と認知機能の低下、また、歯周病に関与する口腔内細菌と脳内のアミロイドβ産生に関係性があることが分かっています。

歯周病は糖尿病を悪化させる要因でもあります。

2106_P047_02.jpg

【新常識】毎日の飲酒は控える

神経細胞を破壊し、脳を萎縮させるアルコール

「アルコールは直接的に脳に影響を及ぼします」と、新井先生。

神経伝達物質の働きを低下させ、記憶に障害を及ぼすことが動物実験で分かっています。

一度に多く飲むより、毎日飲む習慣の方が脳の萎縮を着実に進めるので要注意。

【まとめ読み】特集「『脳寿命』を延ばす10の新常識」記事リストはこちら!

取材・文/岡田知子(BLOOM) イラスト/藤田ヒロコ

 

<教えてくれた人>
新井平伊(あらい・へいい)先生
アルツクリニック東京院長、順天堂大学医学部名誉教授。専門はアルツハイマー病を中心とした老年精神医学。1978年、順天堂大学医学部卒業。1999年、同大学病院で国内唯一の「若年性アルツハイマー病専門外来」を導入。2019年、アルツクリニック東京を開業し、世界に先駆けてアミロイドPETを含む「健脳ドック」を導入した。

【毎日が発見ショッピング】医療現場のプロが開発!ゆがみすっきりベルト

 

makura.jpg

普段の生活に取り入れて装着できる! 3カ所で支えながら動きにくくなった肩甲骨を動かして、正しい姿勢を身体に意識させ整えます。

▶詳細はコチラ!

この記事は『毎日が発見』2021年6月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP