塩分の排出して血圧を下げてくれる♪「カリウムたっぷりスープ」2選

血圧を下げるために、ぜひ摂りたいのが、カルシウム、カリウム、マグネシウム、タウリンの4つの栄養素。日野原記念クリニック所長で医師の久代登志男先生にお聞きした「血圧を下げる具たくさんのスープ」をご紹介。今回は体内にたまった塩分の主成分であるナトリウムの排出を促す「カリウム」たっぷりの2つのスープのレシピです。

【カリウム】

カリウムは体内にたまった塩分の主成分であるナトリウムの排出を促進します。

水に溶けやすいので、生のまま食べられるものは調理をせずにそのままで。

野菜を加熱するときはスープや汁物にして、汁ごと食ベるのがおすすめです。

葉野菜、根菜、きのこ類に多く含まれています。

野菜と海藻でカリウムたっぷり「モロヘイヤ、あおさ、えのきたけの低カロリースープ」

2004p023_01.jpg

1人分28kcal 塩分1g

材料(2人分)
モロヘイヤ...30g 
あおさ(乾燥)...5g
えのきたけ...30g 
だし汁...400ml
酒...大さじ1 
しょうゆ...小さじ1

作り方
① モロヘイヤは粘りが出るまで包丁でたたく。えのきたけは4~5cmに切る。

② 鍋にだし汁、酒、えのきを入れ火にかけ、火が通ったらあおさとモロヘイヤを入れ、弱火で2~3分煮る。

③ しょうゆで味を調える。

葉野菜と根菜のカリウムをまとめて摂る「ほうれん草とれんこんのみそスープ」

2004p023_02.jpg

1人分283kcal 塩分1g

材料(2人分)
ほうれん草...1/2把 
れんこん...100g
豚バラ肉...100g 
ごま油...小さじ1
だし汁...400ml
酒...大さじ1 
みそ...小さじ2

作り方
① ほうれん草は3㎝長さに、れんこんはいちょう切り、豚バラ肉は3㎝幅に切る。

② 鍋にごま油を熱し、豚バラ肉とれんこんを炒める。

③ だし汁と酒を加え、煮立ったら弱火にしてほうれん草を加えさっと煮る。

④ ほうれん草に火が通ったら火を止め、みそを加える。

調理・栄養計算/渡邊美穂 撮影/菅原史子

薬に頼らず高血圧を撃退! 特集「血圧を下げる簡単な方法」その他の記事はこちら

 

久代登志男(くしろ・としお)先生

医学博士、日野原記念クリニック所長、(財)ライフ・プランニング・センター理事長。専門は循環器学、特に高血圧の臨床と循環器疾患の予防で、将来を見据えた健康サポートを行っている。著書に『高血圧がスーッと落ち着くタオルグリップ法』(洋泉社)など。

この記事は『毎日が発見』2020年4月号に掲載の情報です。
PAGE TOP