大豆食品は脂肪を燃やし、ビタミンは脂肪減に役立ちます/10キロ楽にやせる

世に溢れる多くの「ダイエット本」。あなたもそれらのダイエット本を読んで様々なダイエット法を試してみたのではないでしょうか。しかし、食べるのを我慢してすらやせなかったのは、あなたの腸に「おデブ菌」がしっかり棲みついているからかもしれません!

腸内環境・腸内フローラを健康に保てば、あなたも「やせ体質」になれる可能性が......!
5分で作れる「酢玉ねぎ」やヨーグルト由来の「ホエイ」などを使って健康的にやせる、画期的「ダイエット」法です。

※この記事は『1000兆匹の腸内細菌を使って10キロ楽にやせる方法 ヨーグルト・ホエイと酢タマネギが効く!』(藤田紘一郎/KADOKAWA)からの抜粋です。

pixta_41986120_S.jpg前の記事「「大豆製品・酢玉ねぎ・ホエイ」はダイエットをサポートする応援団/10キロ楽にやせる(15)」はこちら。

 

◎大豆食品を食べると脂肪燃焼につながる

大豆や大豆製品を食べると、腸内細菌が「エクオール」という女性ホルモンをサポートする成分を作るとのお話をしました。腸内環境を整えることはとても大切ですが、大豆食品に含まれる「大豆タンパク」も、脂肪燃焼に一役買います。

前の記事「「大豆製品・酢玉ねぎ・ホエイ」はダイエットをサポートする応援団/10キロ楽にやせる(15)」はこちら。

大豆に関しては、さまざまな研究報告があり、中年期以降の女性の「心筋梗塞」や「脳梗塞」、「悪玉コレステロール」を減らす作用が明らかにされてきました。その理由が、大豆タンパクにあることがわかったのです。

脳梗塞や心筋梗塞は、動脈硬化によって生じた血のかたまりで、血管がつまることで起こります。動脈硬化に関わっているのは、悪玉コレステロールと中性脂肪です。コレステロールは油の一種で、悪玉コレステロールは体内で悪い働きをするため、健診などで「LDL」値として血中濃度が調べられています。一方、中性脂肪は、みなさんの体についた「脂肪」のことです。

私たちの体内には、悪い働きをする酸素の一種「活性酸素」があります。活性酸素が悪玉コレステロールと中性脂肪にくっつくと、「過酸化脂質」という物質を作り、これが動脈硬化を進行させるのです。

大豆タンパクは、消化のために肝臓から分泌される「胆汁酸」とくっついて排出されます。この胆汁酸を作るときにコレステロールが材料になるのです。そのため、大豆タンパクとくっついて胆汁酸が排出されると、肝臓で胆汁酸を作るためにコレステロールの分解が促されるのです。

胆汁酸を作るために、肝臓はコレステロールを必要としますので、血液中のコレステロールが回収されて、悪玉コレステロールも減らすことができます。

そして、大豆タンパクに含まれる「|β《ベータ》‐コングリシニン」は、中性脂肪の減少に関わっているのです。「β‐コングリシニン」は、そもそも小腸での食べ物の脂肪分の吸収を抑える働きがあります。

小腸で体に入る脂肪を抑えつつ、体についた脂肪を肝臓でエネルギーに変えるように促すため、同じ食事量でも大豆食品を食べている人の方が、中性脂肪が減ったとの報告があるのです。

悪玉コレステロールと中性脂肪が減ると、過酸化脂質ができにくくなるため、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞の予防につながります。そして、大豆タンパクは、ダイエットの強い味方といえるのです。

●大豆食品は、脂肪を燃焼してやせやすい体にします

大豆食品の作用に加えて、大豆に含まれるイソフラボンを利用し、腸内細菌が作り出す「エクオール」も利用できれば、無理なくやせることができます。大豆食品は毎日食べるようにしましょう。

 

 

◎腸で作られるビタミンも脂肪を減らす

腸内細菌が「ホエイ」で作る「やせホルモン」や、大豆のイソフラボンで作る「エクオール」は、ダイエットを後押ししてくれます。

腸内細菌は、いろいろなホルモンに関わっていますが、脂肪を減らすためのビタミンも、腸内細菌が作ります。

ビタミン類は、私たちの体内では作ることができない栄養素で、細胞や機能などを維持するために欠かせません。それを腸内細菌が作ってくれるのです。

中でも、脂肪燃焼と関わるのは「ビタミンB2」です。脂肪や炭水化物のエネルギー代謝に必要なビタミンで、食べた物や体についた脂肪を減らすために「ビタミンB2」は大切といえます。脂肪燃焼に加え、肌の細胞、爪、髪などの細胞が新しく生まれ変わるときにも、ビタミンB2はなくてはならないものです。

 

次の記事「ヨーグルトがダメならお味噌汁でOK! 味噌を習慣化してやせ体質をゲット/10キロ楽にやせる(17)」はこちら。

 

藤田 紘一郎(ふじた こういちろう)

1939年、旧満州生まれ。医師、医学博士、東京医科歯科大学名誉教授。東京医科歯科大学卒業、東京大学医学系大学院修了後、金沢医科大学教授、長崎大学医学部教授、東京医科歯科大学教授などを歴任。専門は、寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。1983年、寄生虫体内のアレルゲン発見で、日本寄生虫学会・小泉賞を受賞。1995年、講談社出版文化賞・科学出版賞を受賞。主な著書に『1000兆匹の腸内細菌を使って10キロ楽にやせる方法 ヨーグルト・ホエイと酢タマネギが効く!』(KADOKAWA)、『50歳からは炭水化物をやめなさい』(大和書房)、『脳はバカ、腸はかしこい』(竺五館)、『腸内フローラ医者いらずの驚異の力』(宝島社) など多数。


0cf1537f5daa81555fea576f3ab28b0b910145b8.jpg

『1000兆匹の腸内細菌を使って10キロ楽にやせる方法 ヨーグルト・ホエイと酢タマネギが効く!』

(藤田紘一郎/KADOKAWA)

世の中には様々なダイエット法の情報が溢れていますが、なかなか思うようにやせられないという人も多くいます。

そうした「やせにくい」人は、実は試してきたダイエット法が悪いのではなく、「やせる体質」づくりができていなかったのかもしれません。腸内環境・腸内フローラを整えれば、無理なく目標体重に近づけることも夢ではありません。健康な腸内環境と「やせ体質」が手に入る、「酢玉ねぎ」やヨーグルト由来の「ホエイ」の作り方も丁寧に紹介!医師である著者が自信をもっておすすめする、健康的にやせるための画期的ダイエット本です。

この記事は『1000兆匹の腸内細菌を使って10キロ楽にやせる方法』からの抜粋です
PAGE TOP