一人で抱え込んじゃダメ!介護と仕事を両立するための大前提

親などの介護に奮闘することで、仕事を辞めてしまう「介護離職」。しかし、介護をきちんと続けるには、「自分第一で考えること」が重要だとされています。そこで、介護支援の専門家・飯野三紀子さんが執筆した、『仕事を辞めなくても大丈夫! 介護と仕事をじょうずに両立させる本』(方丈社)から、仕事を続けながら介護と向き合う方法について、連載形式でお届けします。

pixta_15708863_S.jpg

最初は誰でもパニックになる

介護と仕事を両立させるには、最初のボタンをきちんとかけて、状況の変化に応じて、ボタンをひとつひとつ正しくかけていくこと、それにつきます。

それを阻むのは、時間と自由の欠乏で陥るトンネリング、ジャグリング(行動経済学の用語)の弊害。そして起こるパニック、否定、被害者意識、焦燥など、あなたとあなたの周りの負の心理です。

この原理や心理を知りましょう。介護離職をする時期は介護が始まってから一年以内が多く、男性52%、女性56.1%となっています(2014年、明治安田生命福祉研究所とダイヤ財団調査)。両立のボタンをきちんとかけるのは、半年以内が勝負です。

パニック時期とは、介護初動の半年ですから、このときの混乱した気持ち、行動をあらかじめ知っておけば、パニックから手早く抜け出せます。だいたいの方は、パニックから抜けて初めて、落ち着いてプロから情報収集できるようになります。それからやっと、いますべきこと、するべき順番がわかってきます。

介護で疲労困憊してしまったのはなぜか?

ある方は、50歳のときに、お母さんの介護に直面しました。「民生委員からの電話で、あわてて新幹線に乗り、家に帰ったら、いつの間にか実家はゴミ屋敷状態になっていました。母親は、やせ細り、目の光を失っていて、『母さん大丈夫?』と聞くと無表情のまま『どちらさま?』と言われたときはショックでした」「ああ、こんなになっていたなんて。なぜもっと頻繁に来なかったんだ、と自分を殴ってやりたいぐらいでした」と、そのときのことを振り返ります。

隣県からかけつけた叔母は、「こんなになるまでほうっておいて。なにしてたの?親の面倒みるのは子の務めでしょ」と怒るばかり。「誰かここにくるか、引き取って面倒見なきゃ」と叔母に責め立てられて、とりあえず、弟に連絡して引き取れるか聞くと、「急に、そんなことを言われても」と喧嘩腰です。

その方は思わず、「もういい。俺が面倒見るから!」と言ってしまいました。散乱するゴミ、汚れた家、異臭、やせ細り混乱している母親、それは日常を、根底からひっくり返すような光景でした。

「どうしよう、なにから手をつけていいんだろう。とりあえずなにか食べさせ、風呂に入れ、家をかたづけなくては。それにしてもどこに鍋釜があるんだ、風呂はどうやって沸かすんだ。そうだ、近県に住む叔母さんにきてもらおう。おかゆぐらい作ってくれるだろう」と叔母さんに来てもらったら、叔母さんに怒られ、弟に電話して相談しようとしたのに、喧嘩になり、弟と決裂してしまって。最も協力しあわなければいけない兄弟が、介護のスタートで仲たがいしてしまい......。

どこが、いけなかったのでしょう?初動の間違いは、ひとりで問題を解決しようとしまったこと。無意識の三つのとらわれ(職場に家庭の事情を持ち込んではいけない家族介護が一番介護のカミングアウトは恥ずかしい)、そして焦燥が原因です。お母さんをよく知る、近所や地域の相談者、第一発見者の民生委員の方に援助を求めなかったのは、身内のことだからという「恥の意識」があったからです。

また、いきなり弟に、「面倒を見られるか」と電話してしまったのは、弟なら介護に協力するのは当たり前だと思う、「家族が一番」というとらわれからです。

突然、家族の介護に直面すれば、誰でも混乱します。会社では、日頃冷静な判断をし、的確な指示を出し、危機にも泰然としていられる部長でも、皆に親しまれている心暖かい女性社員でも、何の心の準備もなく、突然、身内の介護を必要とされる状況に直面すれば、必ずパニックに陥ります。

パニックになるのが普通、と理解してください。初動の段階では、客観的に状況を判断できる専門家の目が、必ず必要になります。しかるべきところに相談し、専門家の意見を聞くことが大切なのです。

今回の場合、民生委員から連絡があったのですから、その民生委員に立ち会ってもらっていれば、母親の普段の状態と現在との比較や、近所づきあい、見守りに協力的なひとがいるか、などの大切な情報を聞けたでしょう。

民生委員の方に協力をお願いしていれば、自治体や、ソーシャルワーカーのネットワークを通して、地域包括センターのケアマネジャーが応援にきてくれたかもしれません。ひとり暮らしの高齢者の救出の方法は、地域でマニュアル化できていることが多いのです。

地域包括センターの職員や専門家は慣れていますから、母親を緊急保護して、ショートステイなどで身の安全を図りつつ、相談にのり、介護の方法を教えてくれたはずです。

母親が保護された場合ですが、プロの介護者が入浴させてくれ、栄養士が母親にあった食事を提供してくれ、必要なら医師の診察も手配してくれたでしょう。ひとりで悪戦苦闘するよりも、お母さんにとっては、そのほうが、ずっと安心できたはずです。

こんなとき、プロがはいれば、話は次のように展開していたはずです。

1、しかるべき施設に連れていって、母親の安全を保ちつつ、ケアマネジャーと面談。

2、相談員に、「介護と仕事を両立したい」と自分の意思を伝え、相談する。

3、母親の意思、希望を聞く。民生委員から、元気なときに、お母さんが、どんなことを話していたかといった情報をもらう。

4、具体的な介護の方法を検討する。
・介護保険を使ってしばらくひとりで自宅で暮らせるか?
・ショートステイと、週末に子供が帰宅しての介護を組み合わせ、母親が家で暮らすことが可能か。
・施設入所する場合、この地域でか、住んでいる地域でかを検討。このときに、介護保険についての説明を受け、介護保険を使うための介護認定の取り方、ケアマネジャーの決め方など具体的な手続きを教えてもらう。

ここまでやって、初めて、なにから手をつけたらいいのか、見えてきたはずです。

014-005-060.jpg

その他の「介護と仕事を両立させる本」記事リストはこちら!

51jkcHLCo3L._SX337_BO1,204,203,200_.jpg「がん終末期」「認知症」といった状況の違いも踏まえ、13章にわたって介護問題の原因と対策がまとめられています

 

飯野三紀子(いいの・みきこ)

(社)介護離職防止対策促進機構 理事。ウェルリンク(株)にて「介護とこころの相談室」を立ち上げ、現在、専任チーフコンサルタント。企業の人事部経験を経て、人材紹介会社で、キャリアコンサルタントとして従事。2000年に母と2人で叔母の介護と看取りを経験。その後、母親が認知症発症、同時期に親友のうつ病介護が重なり会社員生活を断念。自身のキャリアを見直しフリーランスとして独立。心の問題を扱うべく大学で心理学を学び直し、現在は、要介護4の母を在宅介護しながら、働く人の「心の健康」と「介護と仕事両立」のための支援を行なっている。5人の介護と4人の看取りを経験。ココロとカラダのケアラボ主宰。

1edf423eadfe6d7527765f34ba629abd4b13313a.jpg

『仕事を辞めなくても大丈夫! 介護と仕事をじょうずに両立させる本』

(飯野三紀子/方丈社)

「介護離職」「介護うつ」「家族間ギャップ」など、介護にまつわるあらゆる問題の解決方法が分かる「介護の指南書」。家族や親友など5人の介護と4人の看取りを経験し、悩み抱える多くの人々を支援してきた著者が、実体験に基づく実践的な介護の心得を示しています。「人生100年時代」とも言われる現代、誰にでも訪れる「介護」に備えるべし。

※この記事は『仕事を辞めなくても大丈夫! 介護と仕事をじょうずに両立させる本』(飯野三紀子/方丈社)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP