ついに来たか...。抜けた髪の毛と、がんの放射線治療。/僕は、死なない。(47)

2016年9月、医師から「肺がんステージ4」という突然の告知を受けた刀根 健さん。当時50歳の彼が「絶対に生き残る」と決意し、あらゆる治療法を試してもがき続ける姿に......感動と賛否が巻き起こった話題の著書『僕は、死なない。』(SBクリエイティブ)。21章(全38章)までの「連日配信」が大好評だったことから、今回はなんと31章までの「続きのエピソード」を14日間連続で特別公開します!

pixta_39099574_S.jpg

放射線治療

週明けの入院7日目、放射線治療が始まった。

朝一番に放射線治療室に呼ばれると、僕の顔型に合わせた器具が用意されていた。

前回斉藤先生と会ったときに顔型を取っておいたものができ上がったらしい。

フェンシングのお面のような網状の白いプラスチックが僕の顔にぴったりと収まるようになっていた。

そのお面をかぶり、頭が動かないように面の隅にある穴にボルトで装置に頭を固定した。

「はい、準備ができました。始めますよー」

「はい」

ジジジジジー。

独特の低い音が聞こえてきた。

僕は以前、カウンセリングをしてくれたさおりちゃんが言っていたことを思い起こしていた。

「何か治療とか、検査とかするときは、心の中でこう言うの。私はこの治療をすることで、健康になります。ありがとうございますって」

確かに不安におののきながら治療をすると効果も半減しそうだ。

僕はさおりちゃんの言葉を思い出しながら心の中でつぶやいた。

「私は、健康な身体になるために、この治療を受けます」

「私は、健康な身体になるために、この治療を受けます」

何度も唱えているうちに、感謝の気持ちがこみ上げてきた。

ああ、この治療を受けられるのも、放射能を発見してくれた人がいるからだな。

えっと、キュリー夫人だっけ?

子どもの頃に読んだ伝記のイラストを思い出した。

「放射線を発見してくれた科学者の人、キュリー夫人、ありがとう。あなたのおかげで僕は健康になります」

おお、それからこの機械を開発した人もいるな。

「この放射線治療器を発明してくれた人、ありがとう」

実際に作った技術者たちもいるな。

「この放射線治療器を作ってくれた人、ありがとう」

この機械をこの場所に据え付けてくれた人もいるな。

「この放射線治療器をここに据え付けてくれた人、ありがとう」

この機械を使って僕を治療してくれている先生や技師の人たちもいるな。

「この放射線治療器を使って、僕を治療してくれている人、ありがとう」

最後は全員を思い浮かべる。

「ありがとう、ありがとう、みんな、ありがとう!」

こうしているうちに、あっという間に約10分の放射線治療は過ぎていった。

放射線治療は毎日朝一番で呼ばれ、入院7日目から11日目まで続いた。

ある朝、ベッドから起きてみると枕にびっしりと髪の毛がついていた。

おお、ついに来たか。

頭を触り、髪の毛をつかんでみた。

すかすかと全く抵抗なく抜けた。

髪の毛でぐしゃぐしゃのベッドはいやだなと、シャワーを浴びに行った。

シャワーで頭をゴシゴシ洗うと、排水溝には髪の毛がびっしりとたまっていた。

おお、すごく抜けてる。

部屋に帰って鏡で見てみた。

僕は定位照射なので、放射線が当たるところと、当たらないところがある。

放射線が当たったところは見事に抜けていた。

僕は髪がない地肌の箇所が横に1周ぐるり回った、ストライプヘッドになっていた。

これじゃマッドマックスとか北斗の拳に出てくるザコキャラだな。

よし、全部切ってしまえ。

僕は病院1階にある床屋に向かった。

「どうしますか?」

床屋のお兄さんは聞いた。

「全部切ってください」

「バリカンの歯も長さがいろいろあってね。歯の長さ、どうします」

「もちろん、一番短いのでお願いします」

お兄さんが僕の頭に残った毛をバリカンで刈っていく。

僕はあっという間につるつるのスキンヘッドになった。

うん、これも悪くない。

つるつるになった頭をぺたぺたと触りながら、そう思った。

しかし数日経つと放射線の当たっていない部分が黒くなってきた。

短い毛が生えてきたのだ。

頭のストライプが前よりも目立つ。

そこで僕は毎朝髭剃りで頭を剃ることにした。

つるつるのお坊さんは毎朝これをやっているんだろうな。

頭をジージーと髭剃りで剃りながら、そんなことを思った。

【次のエピソード】こんなにあるんですか......全身の骨に転移した「無数のがん」

最初から読む:「肺がんです。ステージ4の」50歳の僕への...あまりに生々しい「宣告」/僕は、死なない。(1)

【まとめ読み】『僕は、死なない。』記事リスト

shoei001.jpg50歳で突然「肺がん、ステージ4」を宣告された著者。1年生存率は約30%という状況から、ひたすらポジティブに、時にくじけそうになりながらも、もがき続ける姿をつづった実話。がんが教えてくれたこと」として当時を振り返る第2部も必読です。

 

刀根 健(とね・たけし)

1966年、千葉県出身。OFFICE LEELA(オフィスリーラ)代表。東京電機大学理工学部卒業後、大手商社を経て、教育系企業に。その後、人気講師として活躍。ボクシングジムのトレーナーとしてもプロボクサーの指導・育成を行ない、3名の日本ランカーを育てる。2016年9月1日に肺がん(ステージ4)が発覚。翌年6月に新たに脳転移が見つかり、さらに両眼、左右の肺、肺から首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨に転移が見つかるが、1カ月の入院を経て奇跡的に回復。現在は、講演や執筆など活動を行なっている。

6143Ex20k-L.jpg

『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』

(刀根 健/SBクリエイティブ)

2016年9月、心理学の人気講師をしていた著者は、突然、肺がん告知を受ける。それも一番深刻なステージ4。それでも「絶対に生き残る」「完治する」と決意し、あらゆる代替医療、民間療法を試みるが…。当時50歳だった著者の葛藤がストレートに伝わってくる、ドキドキと感動の詰まった実話。

この記事は『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』(刀根 健/SBクリエイティブ)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP