瀬戸内寂聴108の言葉「あの人は苦しいんじゃないかなあ、なんて思えるときは・・・」/愛に始まり、愛に終わる

生きるとはどういうことか、孤独とは、愛とは何か――。誰かを愛するがゆえに、心に生じてしまう苦悩。そんな迷いや苦しみを和らげてくれる「生き方のヒント」が、瀬戸内寂聴さんの最新刊『愛に始まり、愛に終わる 瀬戸内寂聴108の言葉』(宝島社)には詰まっています。柔和な笑顔で人々を励まし、救ってきた瀬戸内さんの人生哲学は、きっとあなたの「心の栄養」に。御年99歳を迎えた瀬戸内さんの、胸に響くメッセージの一部をお届けします。

【前回】瀬戸内寂聴108の言葉「この世で誰かに出逢うことが『生きる』ということなんです」/愛に始まり、愛に終わる

【最初から読む】「男と女の間には永遠に渡りきれない川が流れていて」

pixta_75190452_S.jpg

【生について】寂庵の法話で、財物を損なわない布施のひとつ「心施」について解説するなかで語って。―1992年3月


あの人は苦しいんじゃないかなあなんて思えるときは、自分が幸せなときですよ。そう思って自分の現在に感謝する、自分の健康に感謝する。


死にたくっても死ねない。

死にたくなくっても死ぬ。

そういうことを、私たちは生きているうちに何度も味わわされて生きていくんです。

ですから、この世に、悲しくない人はいないんですね。

幸せそうにしていても、よく考えたら何か心配事がある人がいるのね。

何かあるの。

みんな心の中にあるんです。

だから、私たちは人の悲しみや苦しみに対して同情して、そして優しい言葉をかけて、余裕があれば慰めてあげる。

自分があんまり苦しいときは、人のことなんて考えられないですよ。

だから、あの人は苦しいんじゃないかなあなんて思えるときは、自分が幸せなときですよ。

そう思って自分の現在に感謝する、自分の健康に感謝する。

そういうことが大切だと思いますね。

【次回】瀬戸内寂聴108の言葉「しきたりや道徳は時代とともに変わるもの」/愛に始まり、愛に終わる

【まとめ読み】「愛に始まり、愛に終わる」記事リスト

176-c.jpg

「愛」「無常」「老」「死」など8つのテーマに対して、瀬戸内さんが説く、生き方のヒント。「生きたあかし」とは何か、そして人生の道しるべが示されています

 

瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)
1922年、徳島生まれ。東京女子大学卒。57年、『女子大生・曲愛玲』で新潮社同人雑誌賞受賞。61年、『田村俊子』で田村俊子賞受賞。63年、『夏の終り』で女流文学賞受賞。73年、平泉中尊寺で得度(旧名、晴美)。その後、『花に問え』で谷崎潤一郎賞、『白道』で芸術選奨文部大臣賞、『場所』で野間文芸賞など次々に受賞。98年、現代語訳『源氏物語』完結。2006年、文化勲章受章。近著に掌小説集『求愛』、長編小説『いのち』などがある。

shoei.jpg

『愛に始まり、愛に終わる 瀬戸内寂聴108の言葉』

(瀬戸内寂聴/宝島社)

「人は愛するために生まれてきたのです――さすがに『死』を目の前にして、つくづく想うことは、この一事です」。御年99歳を迎えた瀬戸内寂聴さんが、法話や講演会、対談、新聞・雑誌での連載やインタビューで語った胸に響く言葉を厳選したメッセージ集。「愛」「生」「情熱」「無常」「老い」「業」「死」「祈り」をテーマに、こんな時代だからこそ心に留めておきたい108の名言がつづられています。

※この記事は『愛に始まり、愛に終わる 瀬戸内寂聴108の言葉』(瀬戸内寂聴/宝島社)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP