「あんたがシチューに一服盛ったんやろ?」認知症になってなお姑の暴言は健在で.../かづ

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。現在は夫婦二人と3ニャンとで暮らしています。私の嫁時代の体験を思い出しながら書いています。

前回の記事:「人生をかけて嫁イビリしてきた義母」が認知症になった結果...⁉ 医師からの「驚きの説明」/かづ

pixta_12509961_S.jpg

認知症になった姑の記憶の中から、伴侶である舅や息子である夫がだんだん無くなって行くのは目に見えて分かるようになってきた。

夫の顔を見ても全く表情を変えることなく、むしろこの人はなぜここにいるんだろう、そして誰なんだろうと不思議がるようだった。

舅の事はもうこの住まいの大家さんだと思っている時が多くなり、姑はしょっちゅう「ご挨拶しといた方がいい?」と聞いてくる。

孫である私の息子達の事は、とりあえず私の息子だと言う事は理解しているが、それが自分の孫になるんだと言う所までは繋がらない。

姑に認知症が発症してからというもの、ほとんど攻撃的な事が無くなって来ていたが、それでも突発的に「キレる」事があった。

ある日の事、姑が自分で冷蔵庫から牛乳を出そうとしていた。

握力も弱くなっているので、1リットルの牛乳は重くて片手で持ち上げるのは無理だ。

それでも元気な頃の様に片手で持とうとしているので、「お義母さん、牛乳飲みたいんですか?」と声をかけた。

なにも上からの命令口調で聞いた訳ではなく、何気ない毎日の会話の流れで聞いたのに、突然姑が両手を握りしめて小刻みに震えだし、その顔は怒りにあふれていた。

「バカにしてんのか!あんたが私の娘やったら1発2発殴ってるところやで!ただでは済まさんところや!」

姑は今にも私に掴みかかって来そうだった。

私は姑の正面に立ち、スッと笑顔を消してあくまでも冷静な口調でこう言った。

「お義母さん、殴りたかったら殴って貰ってもええですよ。その代わり、こっちもただでやられる訳にはいかへんからね。さぁ!殴りたかったらどうぞ殴ってみたらどうです?私、負けませんよ?」

その途端、姑は電池が切れたかのようにヘナヘナと台所の床に座り込んだ。

実際問題として、この時に姑が殴り掛かって来たとしても、当然すんなりと殴られることなどしないし、簡単に止められる自信があった。

それよりも、今後も起こりうる可能性の大きい私に対する攻撃のたびに、取っ組み合いをする訳には行かないのでこういう対処をしてしまった。

咄嗟のこととはいえ姑を脅す形になってしまった事は、何が正解だったのかは分からない。

けれどもその後、姑が怒りで暴れようとする事は無くなった。

姑は元々お喋りが好きだったので、日中起きている間はよく喋った。

ある日の夕食はクリームシチューだった。

姑は美味しい美味しいと、なんと7杯もおかわりをして食べた。

7杯とは言っても3杯目くらいからはスプーン1~2杯程度しか盛らなかったが...。

今までは「口に合うもんが無い」と言っていた私の料理を、認知症になってからと言うもの毎食絶賛して食べてくれる。

時には「小料理屋したらええのに」と言う事もあるほどだった。

本当は美味しいと思ってくれてたんやろなぁ...。

それでも嫁をいびりたくて、毎回まずいって言うてたんや...。

食べ終わって満足げに一息ついている姑を見ながら、台所の流しに何度も捨てられた料理を思い出した。

「お義母さん、お腹いっぱいになりましたか?果物は後でいいですか?」

食後には必ず果物のデザートが定番だったので、いつもの様に食卓を片付けながら姑に声をかけた。

すると姑はクスクスと笑いながらこう言った。

「お腹が張って張ってしょうがないわぁ。こんだけお腹が張るのはあんたが一服盛ってるからやわ。」

隣でまだ食事中だった舅が驚いて大声を上げた。

「なにを言い出すんや!」

それでも姑はクスクスと笑いながらこう続けた。

「さっきのシチュー、毒物が入ってたやろ?それじゃなかったらこんなにお腹が張る事なんか無いわ。吐き出そうとしたけどあんたに悪いと思ってなぁ。無理して食べたってん。」

自分が何杯もおかわりをした事なんか忘れてしまったのだ。

食後にこんなにお腹が張るのは、嫁が一服盛ったに違いないと姑は思ったようだった。

そう言えば昼間のワイドショーで、食材から毒物が検出された事件の報道をしていた。

前回私に怒鳴られた事もあってか、舅は私のご機嫌をうかがう事まではしないが、今更ながらだが姑が私に暴言を吐くと、私を庇うような発言をする事が多くなった。

しかしながら

「認知症になった今になって(私を庇うようなことを)言うのと、嫁いびり絶好調の頃に言うのとでは違うんやでお義父さん。」

と、舅に冷めた目で言った。

続く

【次のエピソード】いよいよ始まった義両親との「完全同居生活」。介護リフォームでなけなしの貯金が.../かづ

【最初から読む】アッシー・メッシー・貢君だった彼が突然父に結婚の挨拶! 夫との馴れ初め/かづ

【まとめ読み】凄絶な嫁イビリに、夫との対立...。かづさんの記事一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚36年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

かづさんだって義父と同じです。 義母が認知症になってはじめて、殴るなら殴れ、やり返してやると言い返したのでしょう。 嫁いびり絶頂期の頃に、どうして言わなかったのですか?
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.01.10
いやいや、過去投稿から察するにかづさんもその時そのとき、やり返してたと思いますよ笑 私はここまで付き合ってあげたかづさんはすごいし、えらいと思います。肝が座ってるってこういうことですね。 別れるのは簡単ですが、自分の選んだパートナーですからね。 今、幸せに暮らされていることを願います!
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.01.10
本当にそれね。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.01.10
こいつ未婚か????やば
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.01.10
それは面倒は見なくていいって約束があったからでしょ? ちゃんと読んでればわかると思うけど。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.01.10
すごいですね、その発想はありませんでした。いびられたことがない方の台詞ですね。ぜひ姑にいびられて、言い返して頂きたい。全国のお嫁さんがそのくらい強かったら、日本は変わる気がします。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.01.10
文章ちゃんと読んでる? 義母は今は!弱いの
↓コピペします。 良く読んだらいかがでしょうか? 実際問題として、この時に姑が殴り掛かって来たとしても、当然すんなりと殴られることなどしないし、簡単に止められる自信があった。 それよりも、今後も起こりうる可能性の大きい私に対する攻撃のたびに、取っ組み合いをする訳には行かないのでこういう対処をしてしまった。 咄嗟のこととはいえ姑を脅す形になってしまった事は、何が正解だったのかは分からない。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.01.10
批判は簡単だよね 自分の価値観で、判断しただけのこと 同情も簡単だよね 自分の価値観で、自分の身に置き換えて感情のままに共感しただけ 難しいのは 価値観、経験、文化が違う相手に、どうしてそのように感じるのか、振る舞うのか?を想像すること 自分には知らない事があると言う事実を理解すること
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.01.10
あなたなら かづさんの状況で、あなたの言うようなことができるんですね?
大変なご苦労をされたのですね。 でも、義母が健康なときには、理不尽な仕打ちに対して対等に向き合わずにいて、何故いま、認知症状があり弱っている状態になってから、かづさんは立場や言動を強めたのですか? いくら嫁姑の関係であるとはいえ、人間としてフェアとは言えないのでは…? 延々と苦労話や恨み節を綴ったが、いまでは立場が逆転し、勝利(スカッと)したということですか?
言葉の嫌がらせなら我慢もできたでしょうが、今回は殴られそうになったんですよ? では、殴られてりゃあなたは納得いったのかしら? 言葉の嫁いびりだけで無く、手まで出されたら私なら殴り返しますよ。
かづさんが咄嗟にこういう対処をしたのは、「認知症状があり弱っている状態」だからですよ? 敢えてですよ? 理由は「今後も起こりうる可能性の大きい私に対する攻撃のたびに、取っ組み合いをする訳には行かないのでこういう対処」。 わかりませんか? そして何が正解だったのかは、かづさんご本人もわからないとおっしゃっています。 その後、お姑さんが怒りで暴れるようとする事が無くなったとの事なので、私は正解だったのではと思います。 唯一、ちゃんと介護出来る(する)人はかづさんしか居ないのですから。
今までの記事全部読んだ末にそのコメントなら、あなたは舅や夫側の発想力しかないってことなのでお話になりません。 かづさんもそれが正解か分からないとおっしゃってますよね? 日本人は正解がないと不安になり易い傾向がありますが、行動に正解は無いと思います。 嫁いびりの時を持ち出しても意味ないと思うんです。 そもそも過去のこの場面でこう言っていたらとか揚げ足取りたい気持ちは分かりますが暴論です。 その時の精神、立場、その他いろいろな状況と感情で堪えるので精一杯だったとかさ。。 まぁ、この私の意見なんてスルーしてください。私が個人的に不快だっただけです。失礼いたしました。 じゃぁ投稿するなよって?そんなにできた人間じゃないものであしからず。
私はケアマネをしています。 ご家族の理解や協力の無い中での認知症の介護の苦労は図り知れないです。しかも協力のない、理解の無い家族程身勝手な言葉や態度をとる現場を何度も見て対応してきました。人ごととは考えず全ての方に知って欲しいと思います。
最初から最後まで全部読んでしまいました。良く耐えてるな…と。私なら早い段階で全員に水ぶっかけてますし、あの手この手で義母に仕返ししてしまっています。何年経っても変わらない旦那さまのダメっぷりにも驚きました。その中でも妻として母として、嫁として頑張っていらっしゃるかづさん、素晴らしい女性だと思いました。私自身、主人に思う所はありましたが、かづさんのように「堪えること」をして見ようと思えました。続きも楽しみにしています。
35年も前のことをよく覚えてブログで書けますね。まあ怨み辛みは覚えていて恐ろしいって、これからの皆さんに教えてくれているんでしょうね。 ブログでアップすることは個人の自由ですが、ラインの注目記事として見出しに上がるのはやめてほしい。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.01.12
読まないって選択もできますよ。 私は毎回頑張れと応援しながら読んでます。
最初から一通り読んでる者です。 なにやらコメント欄が荒れている?ようですが… 私は私の感じたことを書かせていただきますね。 私、今回のブログを読んで、涙が出そうになりました。 あんなに憎たらしくて今にも仕返ししてやりたいくらいの存在だったお姑さん、認知症になってこんなにも弱くなってしまうのか…と、なんだか人が壊れていくサマを見ているようで悲しい…という表現が合ってるのか謎ですが、とにかく泣きたくなりました。 私も少し福祉をかじったことがある身で、施設実習もいきました。 認知症の介護は大変だなぁ、プロじゃなきゃできないなぁくらいの感想だったんですが、その人それぞれにどんな人生があったかなんて考えたことがなかったし、人生の最後が崩壊って…悲しいなと思います。 ただ、かづさんのお姑さんの場合はいい具合に大人しくなってくれたのかな? だとすればそれはそれで良し…なのかなぁ。
お姑さんがまだまだら認知になったところから、一気に読んでしまいました。私の父も認知症なので。姑と舅も同居ではないですが近くに住んでいるので明日は我が身です。勇気が出ます。私も頑張らないと!
最初から二日に掛けて全部読みました 今の時代のお姑さんは、流石にここまでの人は居ない(と、信じたい)かもですが、 今から35年以上前なら居てたのかもですね それでも、凄過ぎて驚きですが。 お姑さんの認知症から強くなられたのは 元々のモノをやっと呼び起こす事になったんやなぁ って思いました 強くなるしかしゃーない状況ですものね。 匙を投げずに家族と言うモノを大事にされる根本が私は好きです。 これからは、夫婦とニャンコちゃんとで ゆっくり過ごされます様にお祈りしております。 お体、御自愛下さいませ。
0歳児育児の合間に少しずつ読み進め、ここまで読み終わりました。 夫の無関心と他人事が本当に無責任で悲しくて切なくて、怒りに身を震わせています。 よくここまで踏ん張って耐えてきて、酷すぎる仕打ちを受け続けてきながらもなお介護・介助をしてあげて、とても責任感と慈悲深い方だなと心から尊敬します。 この先どうか心安からに暮らせる幸せがかづさんに訪れ、無関心・無責任の夫や舅が自身のしてきた(してこなかった)ことを心から反省し、それに伴う行動をするようになることを願います。
なんだかんだ言ったところで 認知症に限らず 介護すると言う事がどれだけ大変なのか 経験した人でなければ解りません 生易しい問題ではありませんし 感情の動物です人間は それだけでなく 身体も衰えて来るのです 精神的にも身体も病人だけでなく介護する側も衰えて来るのです いつ終わるか解らない介護 またいつか自分も介護される側になるかも知れませんし誰かを介護しなければならないかも知れません そんな事考えたことありますか? 非難するのは簡単ですが 現実問題として よく考えてみたら解ることだと思います 綺麗事ではすみませんから
匿名さんから匿名さんヘ…。匿名が多いので誰に向かっての返信かが分かりにくいです。 私も最初の内は読んでましたが、私の精神衛生上の理由で読めなくなりました。元々の人間としてどうなのかという夫はじめ家族達の中で暮らす。私なら初期でギブアップ。帰る所がなかった?これを書くために?と思うくらいの凄まじい忍耐力。それでも攻める人いるんだ、実経験ないんだなとコメント見て思います。 かづさんが今も元気で書いておられる。皮肉でなく良かったと思うけど、自分の人生振り返ってみて、ここで止めとけばっていうターニングポイント、いっぱいあっただろうに。今になっても「嫁があんたで良かった」って思わないかもしれないダメ夫婚家。ただただため息しか出ません。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP