瀬戸内寂聴108の言葉「とにかく、いがみ合うのはやめようね」/愛に始まり、愛に終わる

生きるとはどういうことか、孤独とは、愛とは何か――。誰かを愛するがゆえに、心に生じてしまう苦悩。そんな迷いや苦しみを和らげてくれる「生き方のヒント」が、瀬戸内寂聴さんの最新刊『愛に始まり、愛に終わる 瀬戸内寂聴108の言葉』(宝島社)には詰まっています。柔和な笑顔で人々を励まし、救ってきた瀬戸内さんの人生哲学は、きっとあなたの「心の栄養」に。御年99歳を迎えた瀬戸内さんの、胸に響くメッセージの一部をお届けします。

【前回】瀬戸内寂聴108の言葉「男と女の間には永遠に渡りきれない川が流れていて」/愛に始まり、愛に終わる

pixta_62745562_S.jpg

【生について】寂庵での法話で、「観音経」について解説するなかで語って。―1988年1月


とにかく、いがみ合うのはやめようね。いがみ合うのは面白くないし、何より器量が悪くなる。


亭主っていうのは若い時には頼りになるのね。

だけど長く連れ添って、年を取った亭主は頼りになるどころか足手まとい。

もうそれは同情すべき存在なの。

だから妻はそれを引っ張っていってあげなきゃいけないの。

そういうふうに思ってください。

若い時にずいぶん働かせたんだからね。

年とった夫は大事にしてあげてください。

またあの世で良いことがありますよ。

とにかく、年とっていがみ合うのはやめようね。

いがみ合うのは面白くないし、何より器量が悪くなる。

だから器量を良くしましょう。

【次回】瀬戸内寂聴108の言葉「誰かに出逢うことが『生きる』ということ」/愛に始まり、愛に終わる

【まとめ読み】「愛に始まり、愛に終わる」記事リスト

176-c.jpg

「愛」「無常」「老」「死」など8つのテーマに対して、瀬戸内さんが説く、生き方のヒント。「生きたあかし」とは何か、そして人生の道しるべが示されています

 

瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)
1922年、徳島生まれ。東京女子大学卒。57年、『女子大生・曲愛玲』で新潮社同人雑誌賞受賞。61年、『田村俊子』で田村俊子賞受賞。63年、『夏の終り』で女流文学賞受賞。73年、平泉中尊寺で得度(旧名、晴美)。その後、『花に問え』で谷崎潤一郎賞、『白道』で芸術選奨文部大臣賞、『場所』で野間文芸賞など次々に受賞。98年、現代語訳『源氏物語』完結。2006年、文化勲章受章。近著に掌小説集『求愛』、長編小説『いのち』などがある。

shoei.jpg

『愛に始まり、愛に終わる 瀬戸内寂聴108の言葉』

(瀬戸内寂聴/宝島社)

「人は愛するために生まれてきたのです――さすがに『死』を目の前にして、つくづく想うことは、この一事です」。御年99歳を迎えた瀬戸内寂聴さんが、法話や講演会、対談、新聞・雑誌での連載やインタビューで語った胸に響く言葉を厳選したメッセージ集。「愛」「生」「情熱」「無常」「老い」「業」「死」「祈り」をテーマに、こんな時代だからこそ心に留めておきたい108の名言がつづられています。

※この記事は『愛に始まり、愛に終わる 瀬戸内寂聴108の言葉』(瀬戸内寂聴/宝島社)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP