母の通帳を片っ端から再発行...⁉ 母の財産を狙う「父の暴走」はもう止まらない!/ワフウフ

みなさんこんにちは!

ワフウフです。

前回の記事:母の財産をめぐる攻防はいよいよ...!「後見人制度」を利用したい娘 VS 強欲な父

認知症になった実母・あーちゃんの財産をお金に汚い実父・たんたんから守るため、後見人の申立てをすることにした姉・なーにゃんとワフウフ。

その書類をもらうために裁判所にいる途中、母から電話が入りました。

Image (1).jpeg

本当は、裁判所の後に実家の最寄駅で母と待ち合わせをして、銀行へ行くつもりでした。

父が再発行手続きをしてしまった母の通帳の発見手続きをするためです。

しかし、父がそのことを嗅ぎつけて同行しようとしていたので、その日は銀行に行くのを止めることにしました。

そこで、

Image.jpeg

と母に言い、電話を切りました。

しかし、またすぐに今度は父から電話が入ります。

裁判所の人と話をしている最中だったので無視をしたのですが、しつこく何度も何度も電話をかけて来ます。

仕方がないので電話をとると、

Image (2).jpeg

と、母と同じことを聞いてくる父。

Image (3).jpeg

(父にそのようにメールもしてありました)

すると、こちらの言うことには答えずに、

Image (4).jpeg

と言います。

A銀行は、その前に父が母の預金通帳とカードを再発行したB銀行とはまた別の銀行です。

Image (5).jpeg

どう考えても今度はA銀行で母の預金通帳とカードを再発行しようとしているに違いありません。

そのためにマイナンバーカードが欲しかったのでしょう。

前回電話で話した時に

「通帳とカードは私たちが預かっているから再発行しないで!」

と伝えてあったのに...。

母のお金を手に入れるべく動き出した父はもう止まらないようです。

娘たちに黙って繰り返し母の通帳の再発行をしようとする父と、その父に黙って後見人申立ての準備をする娘たち。

まだ話し合いもしていないうちから、「父VS娘たち」の戦いは水面下で始まっていました。

【次のエピソード】「認知症の母の財産」を守るため、銀行に相談してみたら「別室」に案内され...⁉/ワフウフ

【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

【まとめ読み】毒親だった母が認知症に! ワフウフさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP