ついに電話で姉が対決! 母の預金を狙う父、お金の話になるとガラリと人が変わって.../ワフウフ

みなさんこんにちは!

ワフウフです。

前回の記事:何を企んでるの⁉「認知症の母の預金を狙う父」が母と連れ立って区役所へ...!

母のお金を狙う父と一緒に区役所に行ってしまった認知症の実母・あーちゃん。

おまけに、窓口で呼ばれたからと一方的に電話を切ってしまい、何度かけ直してもつながりません。

姉・なーにゃんに助けを求めて、母に電話をしてもらうとやっと電話がつながりました。

しかし、何をしに父と一緒に区役所に来たのかを母に聞いても全く要領を得ません。

Image.jpeg

仕方なく、父に電話を代わってもらうことにしました。

Image (1).jpeg

と、父はさもあーちゃんのために行動しているかのように言いましたが、区役所には母のマイナンバーカードの再発行のために来たと言います。

そして、区役所の前には母の預金のあるB銀行で通帳とカードの再発行をして来たと言います。

先日、母のバッグの中にあった、父の書いたメモを見ました。

Image (2).jpeg

父は、母の預金通帳やカードを娘達が預かっている事を知っているはずなのです。

さらに、マイナンバーカードや印鑑類を預かっていることも知っているようでした。

それなのに、再発行手続きをしたというのです。

Image (3).jpeg

と父に言いましたが、父は悪びれずに

Image (4).jpeg

と言います。

おまけに、

Image (5).jpeg

と探りまで入れてきます。

大体、父と母は財布を別にして生活をしているのだから、母が通帳やカードを失くそうと父が困る事など何もないはずなのです。

Image (6).jpeg

図星を突かれて父の口調がガラリと変わりました。

父は執着のあまり、お金の話になると人が変わるのです。

マイナンバーカードもB銀行の通帳とカードも、もう再発行手続きをしてしまったというのなら、これ以上電話で話しても意味はありません。

「仕事中だから」と言い、また改めて母の事を話し合う約束をして、なーにゃんは電話を切りました。

【次のエピソード】間に合った⁉ 認知症につけ込み、父が母に再発行させた「通帳とカード」の行方は.../ワフウフ

【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

【まとめ読み】毒親だった母が認知症に! ワフウフさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP