これって私たちのお金では? 経済的援助をしている義母からの出産祝いを素直に喜べない

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ひまわり
性別:女
年齢:44
プロフィール:結婚9年目、義母の非常識さに悩まされています。

pixta_18681760_S.jpgpixta_18681760_S.jpg

私が第一子を出産したときの話です。

2時間で産まれるという安産ではあったのですが、産まれてきた息子は呼吸がおかしいと言われ、すぐに大学病院のNICUに搬送されました。心配で気が気ではなかったのですが、幸い大事にいたらず5日でNICUを退院し、私のいる産婦人科に帰ってきました。ようやく息子との生活が始まり、産院で母乳、沐浴など教わっていた頃に義母がお見舞いにきてくれたのです。

義母は孫の誕生を大変喜んでくれました。そして、これからお金もかかるだろうからと現金で10万円を出産祝いとして頂いたのですが、産後のドタバタで気が立っていたせいもあるかもしれませんが、モヤモヤしてしまいました。

まず、このお祝い金は何故か茶封筒に入った新札でした。新札まで準備できたのに、なんで茶封筒? 最近なら100均やコンビニにだってご祝儀袋が売っている時代なのに、なぜこんな雑な渡し方をするのか信じられませんでした。

5.jpg

さらにこの10万円というお金にもひっかかっていました。

というのも、結婚したときから、毎月主人の親には6万円の仕送りをしているのです。

自営業で、経済的にもしんどいからということでした。それだけでなく、滞納していた家賃60万も出したことがありますし、時折まとまったお金の相談があれば支援してきました。

主人はほかで借金されるくらいなら自分が出したほうがいいという意見だったのですが、私は独身の間ならそれでいいけれど、もうこちらにも家族がいるのだから、もう少し義両親には倹約してもらえないのだろうかという意見。

ですが、主人は私の意見など聞いてくれませんでした。しかも、このように私たちの家計を圧迫していたのにもかかわらず、私は義両親からお礼を言われたことなど一度もありません。そんな状況でしたので、お祝いをもらってもこれは自分たちのお金なのでは?と思ってしまいました。

私はこれから目の前の小さな命を守っていかなければという思いもあってか、顔は笑っていても内心ピリピリしていました。とても気がたっていたので、この義母の対応が頭にきてしまったのです。

これを主人に言うと「まぁ、別にいいやん」とのこと。そして義両親へ経済的支援をしていることを知らない母は、呆れながらも「10万もくれたからいいじゃない」と言っていました。確かに茶封筒のいい加減さだけなら流せますが、お金を支援していることを考えるとどうしてもひっかかってしまいます。

せっかくのおめでたいことだったのに、この義母の行動ですっかり気分が悪くなってしまいました。まだまだ義実家とつき合わないといけないかと思うとうんざりしてしまった出来事でした。

関連記事:義姉から出産祝いの倍以上の内祝いが... あなたは嬉しい? それとも迷惑?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

40年前私もそうでした。お金が無いと連絡があるので電話が鳴るのが怖く、憂鬱でした! 義母の入院、葬儀の費用も全て負担しました!
同じです。 子どものための贈り物も、旅行のお土産も、私たちのお金が化けたとしか思えません。 今後の介護費用、葬式は最低限で我慢し、自分で出してほしいです。今では、モヤモヤが怒りや嫌悪に変わり、かかってくる電話にも出なくなりました。それでいいと思っていますり

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP