極端すぎるよ!「社交的で外出ばかり」の母に、SNSとビデオ通話をレクチャーした結果...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:masako
性別:女
年齢:53
プロフィール:53歳の主婦です。56歳の夫と2人暮らしです。もうすぐ80歳になる母親に困っています。

18.jpg

父が亡くなってから、80歳になる母は1人で暮らしています。

母は社交的で、友達と集まったり、出歩いたりするのが大好きです。

そのため、今年(2020年)のコロナ禍による外出自粛はかなりこたえていましたが、緊急事態宣言中はさすがにおとなしくしていたようです。

その反動からか、宣言が解除されてからは友達と集まったり、昼カラに行ったりし始めました。

母のような高齢者は重症化のリスクも高いため、できる限り外出を減らして欲しいと思っていました。

しかし、だからといって出かけるのが好きな母に、「誰にも会わずに、家に籠もっていて」と言うのも、酷な気がします。

そこで「SNSや、ZOOMなどのビデオ通話を使えるようになれば、少しは外出も減るのではないか」と思いつきました。

母はスマホも使えますし、メールやインターネットの回覧、簡単な文書や家計簿作成程度のパソコン操作もできます。

操作方法を説明し、最初のセッティングさえやってあげれば、SNSもビデオ会話も使えるはずです。

私はすぐに母の元を訪れ、まずZOOMの登録をしました。

使い方を説明すると、好奇心旺盛な母は意外なほどノリノリで聞いてくれて、さっそく息子(私にとっては弟)のスマホに招待を送り、オンラインでの会話を楽しみました。

もっとも弟は仕事中で、ちょっと迷惑だったようですが...。

続いて、FacebookとTwitterも教えました。

どちらもすぐに使い方を覚え、その場でさっそく投稿をしていました。

「すぐ飽きちゃうだろうけど、少しでも外出を控えてくれればいいな...」

母を見ながらそんなことを考えていたのですが...。

なんと、私の予想を遥かに超えて、母はこれらに「どっぷりハマった」のです。

FacebookもTwitterもほぼ毎日更新し、短期間でフォロワーを増やしていきました。

日頃あちこち出かけていたのと、交友関係が広いので、話題には事欠かないようです。

「旅館でアワビの踊り焼きが出されたが、アワビの活きが良すぎて、話に夢中になっていううちに逃げられそうになった」

なんて笑い話や、亡くなった夫との思い出を綴る母の投稿には、いつも二桁、時には三桁のイイネがつき、多くのフォロワーさんから「笑いました」「ご主人への思いに泣けました」などのコメントが寄せられています。

ZOOMも使いこなすだけでなく近所の友人にもレクチャーし、今では近所の友人との会話は、ほとんどオンラインで済ませているようです。

おかげで外出は減ったようなのですが、「ここ2週間、一歩も外に出ていない」と聞き、いささか減りすぎのように思いました。

母は食料品や生活必需品の購入は宅配業者を利用しているので、家から一歩も出なくても、最低限の生活は成り立ってしまうのです。

コロナも心配ですが、運動不足も心配です。

「少しは外に出たほうがいいよ」

「今は家でSNSをしていたほうが楽しいし、そもそもアンタが自粛しろと言ったくせに」

注意したところ、逆に叱られてしまいました。

その通りなのですが極端すぎです。

今日も「娘に少しは外に出ろと言われたけれど、アタシは家でSNSするよ」と、「自粛する気が満々の投稿」をする母に...ほとほと困っています。

関連の体験記:「水着が恥ずかしい」「今日も温泉入るの?」義母の意地悪で、温泉大好きな私の旅行が台無しです...
関連の体験記:「弟さんのお嫁さんに比べて私は...」家族8人で作ったLINEグループ。母が一方の嫁を褒めちぎり...
関連の体験記:「私の投稿、見てくれた? いいね、してよ」SNSに無縁だった43歳の私に要求してくるママ友にぐったり

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

昼カラに通ったりあちこちマスクや消毒液を買い占めて回ったりするより全然いいと思います。家のなかでも運動はできますしね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP