誰もやりたくない「PTA役員選出」。とあるママが妊婦に向かって吐いた発言に寒気がしました...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さんた
性別:女
年齢:45
プロフィール:45歳、主婦です。

15.jpg

4年前、息子が小学校高学年だった頃の話です。

春に保護者が一堂に集い、各クラス1名ずつの学級代表という役員を選出しなければなりませんでした。

息子のクラスの保護者からは私も含め誰も立候補者がおらず、くじ引きで決めることになりました。

ハズレくじを引いてしまったのは、妊娠されているAさんでした。

Aさんは「自分は妊娠している上に介護が必要な義母と同居しているので、役員の仕事はとてもできそうになく、誰か変わってくれないでしょうか」とその場にいるクラスの保護者たちにお願いしました。

この年、私は自治体の組長を任されており、学校のクラス役員との兼任は避けたいと考えていましたが、さすがにAさんが気の毒に思いました。

気の毒というよりも、お腹の大きなAさんの困り果てた姿を見て、役員をやってもらうのは無茶だろう、と思ったのです。

そこで手を挙げ、自治体の会合の都合などを優先させてもらうことを条件に、クラス役員を引き受けると申し出ました。

私は、私以外の母親たちが皆うつむいて一言も言葉を発さないことに違和感がありました。

仕事や家庭の事情がある中での妊娠や出産の大変さは、みんな知っているはずです。

介護まで抱えたAさんの途方に暮れた顔を見て、誰も助け船を出さないことにがっかりしました。

もちろん、お仕事をしている親御さんも多く、それぞれの都合は分かります。

PTAに対する考え方も様々でしょう。

しかし、役員を1人選出せねばならないという状況で、誰もが自分が役員に当たらないで終わることのみしか考えず、うつむいて言葉を発さないという光景にショックを受けました。

さらに、怒りを通り越して呆れてしまう発言がありました。

私が役員を引き受けると申し出た直後、Bさんが言った言葉です。

「妊娠も介護も自己都合であり特別なことではない。みんな事情を抱えているのに、自分だけ役員を引き受けられないというのであれば、子どもを学校に来させなければいい」

まだ義務教育の年齢の子どもたちは教育を受ける権利があるというのに、なんということを言うのでしょう。

さすがに黙っていられずBさんに意見すると、引き受けられるならなぜ初めから引き受けなかったのか、と私まで責められる始末です。

子どもの保護者同士、協力して子どもの学校生活をフォローしようという立場にいると思っていたのに、あまりにも意識の低いやりとりに心からガッカリし、頭にきた出来事でした。

関連の体験記:「命を投げ出してでも守れ」小学校の旗当番で先輩ママの強要。「無理がある!」と反論した結果...
関連の体験記:いじめられた娘はさらし者で、加害生徒は守る!? それで「いじめは解決した」とどや顔の校長に唖然...
関連の体験記:「恐怖のPTA役員決め」が憂鬱で仕方ない。「あの人は使えない」なんて噂話に人間不信になりそう!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

くじ引き前に申出た方が良かったかもしれませんね。それよりBさんの発言にびっくりですが。 同じような時に、持病があって活動に参加できないと申し出たママさんに「何の病気だ」と聞いたパパさんがいて、言いたくないと言うママさんにしつこく聞き出そうとしてたことを思い出しました。その時もちょっと怖いなと思いました。自分は何もしないのに他の人を攻撃する人ってなんなんだろう。
 我が子の小学校では、PTA副会長を引き受ければ以降10年の免除を与えられる免除規定があります。そもそも、くじ引きの時点で誰が当てられても文句は言えないのです、その文言が文書に載せてあります。だからこその立候補を促しています。  サービスを受けることには敏感でアレもコレもしてれ、してくれて当然と言う態度でいざ、サービスをする側になると渋る態度は大人としてお子さんの前で胸を張れますか?だからといって妊婦さんにはPTAの本来の仕事はキツいし、実際に任せたところで周りの人が肩代わりする機会が増えるはずです。またくじ引きで選ばれた人をPTA役員に任じると、嫌々仕事の上効率がわるくなり、最悪の場合ドタキャンの確率も上がります。お子さんのためだと割り切って引き受けるべき役割は粛々とやってもらいたいです。  かく言う私は、引き受けるべき役員は全て引き受けましたよ。舅の病院付き添いをしながら、同時期に自治会役員、PTA副会長、幼稚園の役員長、輪番で県内の幼稚園連盟の理事会、おまけに習い事の保護者会会長まで。それでも「お人好し」とバカにする方もおられましたがね。
そのBさんって最低だな。そういう人って必ずいるんだよね。うちの地域も交通の会みたいなのに入ってない人に通学路通らないでねと言った人がいましたね。あと役員も保育園でじゃんけんで負けた(私もですが)シングルマザーの双子母が「私は仕事がものすごく忙しいからそんなことやってられない」と言いました。確かにお迎えも来られないのでシッターさんが居たくらいですからわかりますよ。でも負けたんです。なので「言いたい事はわかりますがここに選ばれたメンバーはみなさん同じです。自営、正社員、パート、看護師忙しいのは同じ。やれる人がやれることをやればいいんだし役員会も無理に来なくてもいいから少しでもあなたがやれることをやれば誰も文句言わないよ」と言ったら引き下がり引き受けてました。私も保育園や学校の役員や交通の会の支部長だったりやってきました。仕方ないですもの。誰だってやりたくないですよね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP