「絶対に一人でがんばらないで!」ケアマネさんの優しい言葉に思わず涙が/あぽり

こんにちは、あぽりです!
夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族のアラフィフ主婦です。

私には、要介護1の一人暮らしをしている母がおります。
その母が、2年以上前に倒れた時の事を書いています。

今も足は不自由ですが、元気に暮らしています!

前回、母が介護認定を受け、要介護1と認定された時の話を書きました。

前回のエピソード:介護認定テストで通常以上の力を発揮!お願いだから頑張らないで〜!/あぽり

介護認定が終わると退院後の生活を考えないといけません。

今まで、介護に関わる色々な職業の人の話を書きましたが、
今度は、ケアマネージャー(ケアマネ)さんの お話です。

1902ahakken10.png

1902ahakken11.png

まずは、今の現状を伝えました。

倒れた後、身体が動かなくなってリハビリによって復活してきたこと。
だから、退院後もリハビリを続けたいこと。

そして、一人暮らしをさせてまた倒れたりしたら
それに気付くことが出来るかどうか心配だということ。

私も仕事を持っているので毎日は行けないということ。

1902ahakken12.png

すると、すぐにこの提案を出して来ました。

介護度によって受けられるサービスが違うのですが、
私の母の場合はこれくらいのサービスが限度でした。

送り迎え付きで、
食事もおやつも出て、
お風呂も入れてくれて、
リハビリもしてくれるなんて、
そんなことしてくれるサービスがあるんですね!
この時に初めて知りました。

ショートステイ(お泊り)もあると 言われましたが、
これは母が強く拒絶したので無しにしています。

1902ahakken13.png

初めての介護であることと、母は一度倒れて救急車で運ばれているので
また同じような事があったら...と心配な事ばかりでしたが、
ケアマネさんのお話を聞いていると何とかなりそうな気がしてきました。

1902ahakken14.png

1902ahakken15.png

弱っている時に優しい言葉をかけられると、
つい、泣いてしまいますよね。

張りつめていた心が
「何とかなりそうな気がする!」と、
ゆるんだ時でもありました。

1902ahakken16.png

この後、生活の中での細かいことやデイサービスでの人間関係の悩みなど、
色んな悩みに相談に乗ってくれて、もう2年以上のお付き合いになります。

デイサービスの日じゃない時でも様子を見に行ってくれたり、

私の強力なサポーターです!

兄弟よりも頼りになっちゃうかも(笑)

あぽりさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

あぽり

ブログ「絵日記でございます。」を運営。Ameba公式トップブロガー。夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族です。ブログでは、50代の日常を楽しいイラストと共に綴っています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

あぽりさんのブログ:絵日記でございます。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP