名付けてわっしょい大作戦!認知症のお義母さんを病院へ連れていく方法/バニラファッジ

認知症で要介護4のお義母さん(姑)とリウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の 在宅介護をしたバニラファッジさん。今回のお話は、病院嫌いのお義母さんを「わっしょい大作戦」で病院に連れ出した時のお話です。

前回のエピソード:「嵐の中で誰が好き?」介護実習生の緊張を解いた共通の話題/バニラファッジ

お義母さんの認知症は一進一退を繰り返しながら、要介護4まで進みましたが他に疾患はなく足腰もとても丈夫でした。 ところが...
38-1.png
38-2.png
38-3.png
朝から晩まで「おしりが痛い」と言うようになり、生活の質がどんどん下がっていきました。 しかし、病院嫌いのお義母さんを連れ出すのはとても大変でした。

38-4.png
38-5.png

とは言っても、明日になればまた「今日は無理、明日。」と引き伸ばされるだけでした。 じゃあ、本人が「行きたい」と言い出すまで待てばいいと思いますが そこは認知症高齢者の難しいところで、手遅れになる恐れもあります。   そんな時、我が家は急がば回れで数日前から準備をしました。

38-6.png
38-7.png
38-8.png

外出する時、お義母さんが一番こだわり、時間のかかるのが服選びでした。 上着から下着から靴下まで、お義母さんが納得できるコーディネートをあらかじめ用意し 当日、ご機嫌を損ねず着替えができるように準備...
38-9.png

もちろんお義母さんは、この一連の記憶を忘れてしまうので、 用意した風呂敷が目につくところにあれば「なに?これ。」となって中身を調べる。 自分の服だとわかると、勝手にあちらこちらに片付けてしまう。 そして、どこに片付けたかも忘れてしまうという失敗が何度もあったので着替え一式はすぐに隠しました。  

そして、病院に行くことは当日ギリギリまで内緒にし...
38-10.png

目線を合わせて、ゆっくり丁寧にお願いする。  

事前にお義母さんを納得させ、約束するというのが難しかったので 出たとこ勝負のような連れ出し方法ですが、これがなかなかの好成績で成功しました。
38-11.png

これを私は「わっしょい大作戦」と名づけました。 うそっぽい声かけに聞こえるかもしれませんが、認知症のお義母さんが機嫌よく過ごせる時間は短かかったので 不安を抱かせないように「わっしょいわっしょい」と励ましながら病院に連れて行きました。   次回は、その後の受診の様子をお伝えします。

 

次の記事はこちら:30年前からおしりが痛くて...!?認知症のお義母さんとの通院/バニラファッジ

バニラファッジさんの連載一覧はこちら

 

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP