自分を棚に上げて他人を嘲笑する同僚。「あんたもね!」と言ってやりたい

10.jpg

ペンネーム:NUTS33
性別:女
年齢:50
プロフィール:夫と大学生の子供が二人。サービス業の会社で経理事務として入社したものの、掃除から洗濯まで何でもやります。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

私はフルタイム勤務の50歳会社員です。サービス業で経理事務として入社しました。
とはいえ、小さな会社ですので庶務雑務はもちろん、トイレ掃除から客室清掃まで何でも
やっています。そして、同じ年代の同僚がいます。その同僚と話をすると、なぜだかいつも
モヤっとするんです。

彼女は2年ほど前に離婚しましたが、離婚するまでは旦那さんのことを「新婚旅行の時から変な人~って思ってた」とか「ウツやね、あれは。気持ち悪い」とか「仕事以外に趣味がなく、タバコもお酒も飲まない人で、休みの日にずっと家にいるので嫌だ」とか始終グチっていました。

その時の彼女はパート勤務でしたので、私に向かって「旦那さんがいるのに、フルタイムで働くとか私にはムリ~」とか、夫の収入が不安定なことに対し「稼げない旦那さんって、死んでくれた方が保険金入るからまだいいのにね~」とか、散々な言いようでした。

それが、人手不足もあり、社員になってしまったのです。

彼女と私の仕事で、客室の清掃があります。二人で一つの部屋を清掃することもあれば、

それぞれが別々の事もあります。彼女は、「雑巾とふきん各1枚でOK」だそうです。もちろんお風呂掃除もしますが、私が見る限り水分をほとんどふき取りません。乾くと水栓には水垢が。でも、「私も拭いてるよ、一応」ということです。私と一緒に掃除する時には、私がお風呂を掃除します。雑巾や専用タオルも4枚くらい使います。床の水分も拭き上げます。それを見ているはずの彼女ですが、自分一人で掃除をするときにはやっぱりお風呂を拭きあげません。「換気扇回しとこう」です。彼女曰く、自分は掃除を早く終えるデキる人だそうです。

雑巾やタオルを洗濯して干しても いつもちょっと歪んで干します。私も几帳面ではありませんが、そんな私が「えっ!」って思うくらいに。

私が彼女にモヤっとするのは、そんな彼女が「〇〇さんってさあ、いい加減だと思わない~?」「アホちゃう~?」と自分の事を棚にあげて人の批判をすることです。私は自分に自信が持てない性格ですが、彼女の言い分に素直に納得できません。明らかに彼女だっていい加減でアホだと思ってしまうのです。

彼女の言い分をまともに聞くとストレスが凄くたまるので、最近ちょっとずつ言い返して、負けまいと頑張っています。それはそれでストレスになるんですけど。

最近やっと気づきました。私、仕事をしない人は確かに嫌だけど、それ以上に、自分の事を棚に上げて他人を嘲笑するって人が何より嫌なんだってこと。「〇〇さんってさ、他人の悪口ばっかり言っててさぁ」で始まる悪口にいつか、「あんたもだよ!」って言ってやりたい。

関連記事:人間関係の妄想はゴミ箱へ。心に静けさを取り戻す/枡野俊明

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP