認知症疑いのプライドが高い母。検査を快諾させた姉妹の作戦とは/ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです。

あーちゃんを認知症の検査に連れて行く策をじっくり練ったなーにゃんとワフウフ。

前回のエピソード:認知症の自覚がなくプライドが高い母。検査を受けさせるにはどうしたら?

01.png

と、あーちゃんを呼び出しました。

その日のあーちゃんは、前回ワフウフとふたりで会った時のようなおかしな言動はありませんでした。若干同じ話の繰り返しが多かったくらいです。

でも、先日のあーちゃんがどう考えても異様だったので、どうしても一度検査にだけは連れて行きたいと考えていました。

2.png

3.png

5.png

あーちゃんはもう40年来の糖尿病患者です。なーにゃんとワフウフは、糖尿病の話をあーちゃんに色々聞いて、そこから検査の話になんとか持って行きました。

あーちゃんを気にかけていることをアピールしてあーちゃんのプライドをくすぐり、更に、脳ドックを「プレゼント」と言うことであーちゃんは疑うことなく喜んで脳ドックに行くと言ってくれました。

ワフウフたちの思惑など何も知らないあーちゃんは、

6.png

と、冗談まで言っていました。

7.png

脳神経外科に脳ドックに連れて行きついでに認知症の検査もしてもらう、これがなーにゃんとワフウフの立てた策だったのです。

続く

関連記事:「認知症かも...」と思ったときにまず家族がするべきこと/介護破産(13)

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP