傷だらけの練習人形「村田さん」の悲哀...!夢の介護福祉士目指して新たな研修を開始/ゆるゆらり

五年前、専業主婦から心機一転、ヘルパーとなってデイサービスに就職したゆるゆらりと申します。

前回記事:どうする私!実父と義母の手術がまさかの同日・同時刻に

介護職として働き始め、三年が経ち、かねてからの夢であった介護福祉士の資格を取るために必要な実務者研修を受けることになりました。

介護福祉士は、介護職員初任者研修が認定資格であるのに対して、国家資格。

その役割は、介護者への精神的支えになることや、介護現場での指導的立場も。

そのため、介護福祉士は介護のスペシャリストとしての高い専門知識や、技術を持つことが求められています。

9介護福祉士を目指して①.jpg

おかんの受験した年度から新たに加わった医療的ケア。

医師、看護師しか認められていなかった「たん吸引」や「経管栄養」の処置を、実務者研修を修了し、実地研修を受けることで、介護職員も行うことができるようになったのです。

9介護福祉士を目指して②.jpg

介護職も医療的ケアを行えるように組み込まれたこの講習は、とても楽しいものでした。
でも、実際に医療的行為を行うには、実地研修を経て認定証を交付されなければできません。
実地研修は実施可能な行為と対象者によって研修時間は違いますが、だいたい14時間前後のようです。

働きながらの、実務者研修は大変でしたが、アラフィフおかんは負けまへん!!

関連記事:次には目指すは「介護福祉士」!ヘルパーおかんのチャレンジは続く

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

ゆるゆらり

ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP