え!お風呂も見るの? 訪問リハビリで家の中をくまなくチェックされ.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年が経ちました。

義父が訪問リハビリを受ける気になり、ケアマネージャーとの打ち合わせによりケアプランを作成。

しかしそれですぐにリハビリが開始されるわけではありません。

前回のエピソード:ようやく訪問リハビリを受ける気になった義父。その壮大な目標とは?

2009年当時のことですので、今の介護保険制度とは多少内容が異なるかも知れませんが

ケアプラン作成後、改めてリハビリステーションの担当者、ケアマネージャー(義父は要支援1でしたので包括支援センターのケアマネージャーも同席していました)、本人(義父)家族(私)で『担当者会議』を開きます。

1.jpg

リハビリステーションはケアマネージャーを通して依頼された事業所です。

最初に我が家に来たのは、がっしりした男性でした。

2.jpg

ケアマネおーさんが立ててくれたケアプランではこの時点で週1回(水曜日の夕方)、40分のリハビリと既に細かく組まれていました。

3.jpg

会議というより、契約手続きと確認のための家庭訪問のためという意味合いが強いように思われます。

書類を見ながら簡単な質疑応答を経て

4.jpg

たくさんの書類にサインすれば

5.jpg

あとは後日かかりつけ医に意見書を書いてもらって、やっと訪問開始となります。

介護サービスは何にしても、利用出来るまでの手続きがとても煩雑です。

わが家の場合は義父母二人分でしたのでなおさらそう感じたのかも知れませんが

何よりそのたび介護関係者、家族介護者双方が都合を合わせて一堂に会さなくてはならないのは結構大変でした。

6.jpg

今回のリハビリは『転倒をなくす』というのが1番の目的です。

家の中で転倒した箇所を改善するというのも目標の一つですので、居室や本人が使っている場所は全てチェックが必要です。

リハビリステーションのサイトウさん。家の中をくまなく見て行かれました。

7.jpg

実は事前に、ケアマネのおーさんから「チェックありますよ」と教えてもらっていたので

大慌てで掃除はしてあったのですが...。

8.jpg

お風呂場は時間切れ。掃除できずに昨夜のままでしたぁ。

(そりゃ、お風呂場が一番転倒しやすい場所だもの。当然ですが。)

 

初の訪問サービス。これから家の中に毎週他人が入るわけです。

9.jpg

お掃除苦手なヨメのストレスも同時に始まることとなりました。

関連記事:「トイレいいかしら...」運動機能が低下したおばさんの葛藤/バニラファッジ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

山田あしゅら

指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を アメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」にて綴り始めて10年近く。 山田家介護のキーパーソンでもある50代主婦。

2017年現在、現在義父は88歳・要介護3。入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。 義母は92歳・要介護4。週5日のデイサービスなどでしのぎながら在宅にて介護をしている。 同居家族は夫(としお・60代・会社員)長男(一郎・30代・会社員)。 このほか結婚して独立した次男(二郎・20代・鍼灸接骨院経営)とそのお嫁さん(さくら・看護師)孫(きんとき・2歳)一人暮らしの三男(三郎・20代・会社員)と結構賑やか。 これらの日常をもとに著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP