もう耐えられない......エアコン業者に怒声を上げる夫にうんざり

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:うま
性別:女
年齢:64
プロフィール:65歳夫と2人暮らしをしています。頑固で口の悪い夫にうんざりする日々を送っています。

1.jpg3人の子どもが巣立ってから早10年が経過しました。現在65歳夫と2人暮らしをしています。夫の性格は生真面目で他人思い。そのいっぽうで頑固で口が悪いのが短所です。つい先日、夫に対して憤りを感じたできごとがありました。

日中は30度を超える猛暑日でした。エアコンの電源を入れたところ、なかなか室内が冷えません。もう一度電源を入れ直してみますが、やはり冷たい風が出てこない。そういえば過去にも同じような不具合があったことを思い出しました。今から2年前、保障期間中に業者に修理をお願いしたことがあったのです。きちんと直っていなかったのでは?と不安に思いました。

汗が止まらない猛暑日にエアコンが使えず、とても辛いことです。一刻も早くエアコンの修理をお願いしようと、夫が業者に電話をかけてくれました。ここまではよかったのですが、電話のやりとりで思いもよらぬ展開に発展したのです。

突然「ふざけているのか!」と声を荒げる夫にドキッとしました。いったい何が起こったのかと夫の話に耳を傾けていると、エアコンの修理が有料になることで大激怒しているようなのです。過去に一度修理をお願いしたときと同じような不具合が出ているのは、きちんと修理ができていなかったのかもしれない、それなのに有料になるのはおかしいと腹を立てているのです。

私自身も夫と同じように思いましたが、必ずしも修理が不完全だったとは言い切れません。別の原因がある可能性だってあります。だからこそ夫に落ち着いて話をするよう、電話のそばで伝えましたが、まったく聞く耳を持ってくれません。

「保障期間が過ぎてようが、修理が不完全だったから不具合が起こっているんだ! 無償で修理をするのが筋だろう!」と夫は怒声を上げ続けています。そして「今すぐ直しに来い! 有料にしたら、ただじゃすませないぞ!」と暴言を吐く始末です。

私は夫に「落ち着いて!」と何度言ったか分かりません。

どんな理由があるにしろ人に向かってて怒声を上げるのはマナー違反です。そのことを夫に分かって欲しいのですが、理解を得られません。非常識な言動が本当に恥ずかしいです。

言いたいことを言ったあと、夫は受話器を乱暴に置きました。私は怒りを通り越して、呆れしかありませんでした。

業者の人に電話をしてから2日が経過。夫の気持ちが落ち着いてきたのを見計らって、私が業者の人に電話をすることにしました。まず夫の言葉に失礼があったことを謝りました。すると幸い理解のある業者の人で、無償でエアコンの修理をしてもらうことになりました。翌日には来てもらい、無事にエアコンを修理が完了。事なきを得ました。

夫も少しは言い過ぎたことを反省しているはずです。しかし業者の人に対して、素直に謝ることができませんでした。そういった部分を私がフォローするしかありません。大変な一幕でしたが、今回のことで改めて夫婦というものは、持ちつ持たれつの関係だと感じました。これからも頑固な夫には、まだまだ悩まされそうです。

関連記事:色褪せない夫婦関係には「オスとメス」の意識が欠かせない/大人の男と女のつきあい方

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP