うさぎを飼いたい!初期費用ってどのくらいかかるの?/ふうたの飼い主

みなさんこんにちは。

日々うさぎの魅力を発信している「うさぎのふうた」の飼い主です。

前回のエピソード:喜んでる?怒ってる? 行動から分かるうさぎの感情表現/ふうたの飼い主

今回は「初めてうさぎを飼う時にかかる初期費用の目安」という内容をお届けしていきます。


001.jpg

さぁ、夢にまで見たうさちゃんとの共同生活!・・を心に決めたと仮定します。

お迎えする前に準備するものがあります。
・うさぎが暮らすためのケージ
・ご飯(ペレット)を入れるための器
・給水ボトル(もしくは器)
・専用のトイレ
・グルーミング用のブラシ
・牧草・ペレット

最低でもこの6つは必須です。

では実際、私が使っている(以前使っていた)
飼育用品を例に目安の金額を出していきたいと思います。

※表示金額は参考価格です。掲載商品は、あくまでも一例です。

①うさぎが暮らすためのケージ
ケージはうさぎの拠点となるお家。

お部屋飼いのうさぎさんにとって、一番長く過ごす場所なのでとても重要です。
体の大きさを考えて適したものを選んであげるようにしましょう。
商品によってお手入れや掃除の仕方が変わってきます。

ちなみにふうたが使っているのは、

002.jpg

アイリスオーヤマの小動物快適ケージ(キャスター付き)RU-800 \14,800

です。

003.jpg
掃除する部分がプラスチックなので、外やお風呂場でサッと水洗いするだけでキレイになります。

比較的大きめのうさちゃんが寝そべってもゆとりがある、使い勝手の良い大型のケージです。

うちのケージは15年以上使っていますが何の問題もありません(ふうたのケージは17年使用中)

唯一の欠点はスペースは取ること・・でしょうか。

②ご飯(ペレット)を入れるための器
軽いものだとひっくり返したりするので、少し重めの陶器製の器をおすすめします。

004.jpg

マルカン うさぎのラウンド食器 \600

③給水ボトル(もしくは器)
うさぎが飲む水の量は、体重100gに対して5ml~10mlが目安と言われています。

ですので、体重1kgのうさぎが飲む水の量は50ml~100ml。
意外とたくさん水を飲むので、給水ボトルは500ml以上のものを選びましょう。
ケージに固定するタイプが一般的ですが、こまめに水を替えてあげられる方、
給水ボトルを破壊するうさぎさんには、器やカップでも問題ありません。
※ただし、水の入った器に手足を入れる子は給水ボトルをお勧めします。

005.jpg

GEX ラビんぐ おそうじラクラクボトル650 \1,000

④専用のトイレ
うさぎはトイレを覚えてくれるので、

ケージの中に設置する専用のトイレが必要になります。

006.jpg

ふうたが使っているのはこちらの商品ですが、

現在は生産終了になったようなので似た商品で・・

GEX 三角ラビレット(小動物用三角トイレ) \1,400

⑤グルーミング(毛づくろい)用のブラシ
うさぎは「換毛期」という季節の変わり目に毛が生え変わる時期があります。

室内飼いのうさぎはグルーミングしてあげないと、
抜けた毛を食べて胃腸に詰まい病気になってしまうことがあります。
ですのでグルーミング用のブラシは必需品です。

007.jpg

ドギーマン ウサギのツヤ出しブラシ \800

⑥牧草・ペレット

うさぎの主食である牧草。
ペットショップやホームセンターで売っているものから
うさぎ専門店でしか買えないものも多数あります。
今回は一般的に手に入りやすい牧草として

008.jpg

マルカン 牧草物語 2kg \1,300 ※約1ヶ月分

野生のうさぎは牧草を食べながら用を足すので、私はトイレに牧草を敷いています。
飼い主さんによっては、トイレと牧草を食べるスペースを分けているので、
そうする場合は牧草入れが必要になります。

牧草入れ \1,000~\1,500程度


ペレットは保存性がよく、栄養価が優れている食べ物。
うさちゃんの年齢や好みに合わせて選んであげましょう。
こちらも一般的に手に入りやすい商品として

009.jpg

スマック ウサギメンテナンス \1,000 ※約1ヶ月分


では、まとめていきましょう。

ケージ    \14,800
食器     \600
給水ボトル \1,000
トイレ    \1,400
ブラシ  \800
牧草 \1,300
ペレット   \1,000
――――――――――――――
合計     \20,900

ここまでは、飼育用品の費用です。
この金額にうさぎ自体の費用がプラスされます。

010.jpg

うさぎの一般的な価格ですが、種類や販売地域によって様々です。

都会と地方では同じ種類でも数万円の差があったりします。

特に「純血種」といわれる、ネザーランドドワーフラビット・ホーランドロップイヤーなど

人気の種類やカラー(毛の色)の子は、\30,000~\100,000と高額です。

ミックス(雑種)だと\10,000~\30,000くらいが相場になります。

※金額はあくまで目安です。

第3のペットと言われた、一時期のうさぎブームを経て
10年前よりだいぶ価格が上がった印象です。
ですので里親募集や譲渡会で探す方も増えていると聞きます。

うさぎと生活するためにかかる初期費用。
なんとなくイメージできたでしょうか。

次回は、うさぎと生活するには1ヶ月いくらくらいかかるのか。
毎月のランニングコストについてお届けしていきます。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

ふうたの飼い主

Amebaトップブロガー。ブログにてうさぎのふうたの日常をお届けしています。日本一の癒し系うさブログを目指し毎日楽しく更新中です♪うさぎとは思えないふうたの豊かな表情で癒されてくださいね

※うさぎと暮らす一例として見ていただけたら幸いです。

PAGE TOP