お見舞いに来た人を忘れてしまう母。入院中に認知症が進行した!?/あぽり

こんにちは、あぽりです!

夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族です。

そして、一年半前に倒れ、

現在一人暮らししている、要介護1の母がおります。

前回、母が認知症と言われたところまで書きました。

前回の記事:若い頃から天然で忘れっぽい母...と思いきやまさかの認知症!?/あぽり

てっきり、天然の性格だと思っていた私は、認知症と言われても、にわかには信じがたい...。

1809hakken01.png

でも、現実は想像よりも残酷だった。

1809hakken02.png

よく観察していると、確かに、おかしなところがある事に気が付いた。

呼びかけても、あまり反応せず、ゆっくりと「なんだい?」と聞いてくる。

「ぼーっとしてなかった?」と聞いても、

「どうだったかね」と、何も自覚がないようだった。

1809hakken03.png

1809hakken04.png

昨日来たばかりだよ...。

一昨日も来たよ...。

その前も...。

母は、私が、いつから来てないと

思い込んでいる...?

1809hakken05.png

兄は、遠くからはるばる、入院してすぐの時と、その後も心配して来ているのだ。

その時も、「遠くからわざわざすまないねぇ」と母が兄と兄嫁に言っているのに。

その会話も覚えていない。

1809hakken06.png

親戚やご近所の人など、10名くらいの方が今までお見舞いに来て下さっている。

その人達の事は...?

「だーれも来てないよ...」

そのセリフを聞いて、母は、今まで来てくれた人の事を全部忘れているのだと分かった。

どういうわけか、母の認知症は、入院中に一気に加速してどんどんと進行しているように感じられた。

もしもこのまま進行していくと...と悪い事ばかりが頭をよぎった。

人の顔は覚えていられるけれど、人が来た事は忘れてしまう。

ここが病院である事は分かるけれど、病院名は分からない。

今の季節が何なのか分かるけれど、日付や曜日は分からない。

医者からは「軽度」ですと言われていたけれど、

どんどん進行したらどうすればいいのだろう。

認知症を進行させないために有効なのは

・運動する事

・会話する事

・笑う事

と言われた。

病院で行うリハビリが、その中の「運動」になるのだろう。

会話と、笑う、に関しては、

1人では出来ない事だから、私がなんとかしなくてはいけないのだろう。

その時は、漠然とそう思っていた。

つづく。

関連記事:迷子のはずの母が他人の家で草むしり...警察から保護の電話/石塚ワカメ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

あぽり

ブログ「絵日記でございます。」を運営。Ameba公式トップブロガー。夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族です。ブログでは、50代の日常を楽しいイラストと共に綴っています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

あぽりさんのブログ:絵日記でございます。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP