我が家の楽しい年始の過ごし方を発見! 福袋や初詣じゃなくてスーパーが意外と...!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:やまと
性別:女
年齢:41
プロフィール:10歳年上の夫と二人暮らしの主婦です。

23.jpg

2022年の年始、コロナ禍もあって特にどこにも行く予定がなかった私は、昼間から買い物をしに近所のスーパーに行きました。

年始のせいか、いつもより人は少なく、ゆっくりと買い物ができそうです。

お惣菜コーナーを見ると、クリスマス用オードブルやおせちが半額になっていました。

普段なかなか食べられないようなフレンチ惣菜の真空パックや、家では作れないようなおせち、ホテルのビュッフェでしか見かけないようなパーティー料理まで、さまざまなお惣菜が半額です。

ちょうど、1月2日、3日くらいの時期は、年末年始向けのお惣菜の賞味期限が来て半額になるタイミング。

賞味期限は当日のものがほとんどでしたが、その日のうちに食べ切るので問題ありません。

いったん店を出て家にいる夫に電話し、「今からごちそうをたくさん買って帰るから、家にあるお菓子とかは食べないでお腹を空かせておいてね!」と言い、たくさん買って家に帰りました。

そして、午後からパーティーです。

思いがけないごちそうに、夫もびっくりしていました。

「シュリンプカクテルなんて映画でしか見たことないけど、真ん中のソースがすごくおいしいね!」

「本当、おいしいね。二度づけしたくなっちゃうね」

「二度づけ禁止だよ」

「串カツじゃないんだから!」

特にやることもなく寝正月だった予定が一転、そんな他愛もない会話をしながら贅沢な午後を楽しみました。

お正月からこんなにお得な思いができるなんて、良い一年になりそうです。

思えばコロナ禍前までのお正月は、年始のバーゲンに朝早くから並び、食品などの福袋を買うのが長年の恒例でした。

早起きして電車に乗り、寒い中開店前のデパートに朝から並んでいました。

スマホがない時代はラジオで駅伝中継を聴きながら、本や雑誌を読んで開店を待ったのは懐かしい思い出。

開店と同時に小走りでお目当ての売り場に向かいますが、ライバルも多いです。

すぐに売り切れてしまって手に入らない福袋もありました。

やっとの思いで福袋をゲットした後はもうぐったり。

それに比べて近所のスーパーの半額祭りは、早起きも不要、手軽に歩いて行けて競争相手も少なくて並ぶ必要もない。

物によっては福袋よりもお得で節約効果もバツグンです。

もちろん、何が半額になっているのかは分からないし、半額にならない場合もあるので、毎年必ずお得に買えるとは限りません。

それも含めて運試しのようで楽しいものです。

身近なところで偶然見つけた、年始の新しい楽しみ方。

半額狙いのスーパー詣では、毎年の新しい恒例行事になりそうです。

関連の体験記:家族で外食した帰りは、家まで1時間歩こう! 高2の息子と中2の娘、家族4人で夜道を歩く「幸せな時間」
関連の体験記:実は節約にもなった! 季節の野菜がたくさん入っていて大満足な「地元産有機野菜」の定期購入
関連の体験記:「安くて使いづらい家計簿」を使ってみたら節約に成功!? 怪我の功名とはこのことだった!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP