「面倒を見てやったのは誰だと思っているんだ!」噂話を真に受けて激怒する義母にうろたえる日々

6.jpg

ペンネーム:まお
性別:女
年齢:30
プロフィール:勝手によくわからない噂話が飛び交う義実家のため、常に面倒なトラブルに巻き込まれている主婦です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

夫の両親は10年ほど前に離婚しており、親権をもった50歳になる義母は再婚済み、義父は籍は入れていないが相手はいる様子。

本来はもう関わることもない2人なのですが、義母は少し面倒な性格なので、勝手に元夫のことを詮索したり噂話をうのみにして怒ったり、何かとトラブルが尽きません。

私と夫の知らないところで勝手な噂話をされて、どういうわけが激怒されたエピソードがふたつあります。

まずひとつめ。

離婚後に義父が新築の一軒家を建てたのですが、その噂を耳にした義母は「将来その家を誰が相続するの? 籍を入れてない相手になんかあげないよね~?」などという、今からそんな話するか?というかあなたにはもう無関係なのでは?というような雑談を親族としていたそう。その時親族の一人が「実の息子なんだから○○(私の旦那)にあげるんじゃないの?」と憶測で言ったに過ぎない発言を、「私の知らないところで家を相続することが決まっているなんて」と勝手に解釈して大激怒。

速攻で私の旦那のところに連絡が飛んできて「勝手に家を相続するとかいう大事なことを決めて! 離婚後親権を持って育ててやった私になんの相談もないのはどういうことだ?! まずは私に話すのが筋じゃないのか!!!」と。

旦那も私も「何の話......? 俺たち家もらうの......?」状態。とりあえずそんな話は私たちはしていないし、もしそういう話が出たらきちんと言いますので、と答えることしかできませんでした。

もちろん勘違いしてごめんねなどの謝罪は無し。

そしてこれだけに留まらず、風の噂を信じる義母のトラブルは続きます。

ふたつめ。

旦那の職場が義父の実家から場所が近いのですが、義父の母、夫にとってはおばあちゃんが孫が近くにいるのが嬉しいらしく、近所の友達に「遠くから1時間もかけて出勤してきてて大変だから、うちに住まわせてやりたいくらいだ」と話していたそう。

それがなんと、どういうわけか義母の父親の耳に届いたというのです!!

恐るべし田舎の噂話ネットワーク。

しかし伝言ゲームのように内容が変化していたので、義母の父が聞いた内容というのが「○○(義父)のばあさん××(私の旦那)と一緒に住むことにしたらしいぞ」というもの。

それを聞いた義母をはじめ、義母の両親も大激怒。「離婚後お前の面倒を見てやったのは誰だと思っているんだ!!」と大騒ぎ。もちろんそれを聞いた私たちは2回目の「何の話......?」状態になるしかありませんでした。

この2件で痛感したのが、本人に事実確認もしないで噂話を鵜呑みにし、いきなり激怒して連絡してくるのは、本当にやめていただきたいということ。

特に離婚や再婚が絡んで変な風に家族が増えると、別れた相手と直接話をするわけでもないのにどういうわけか他人から興味本位での噂が運ばれてきます。

それに噂話というのは、それを聞いた人により良い方にも悪い方にも脚色されて広まっていたりします。

どうか、本人たちにはそういう事実があるのか冷静に話を聞いて確認した上で、怒るなり悲しむなりしてほしいなあと思います。

関連記事:隣の芝生は青い...「比較」することをいっさいやめよう/枡野俊明

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP