引退試合の当日に「恒例の贈り物を廃止」と独断で決定。保護者会の会長の身勝手な振る舞いに唖然

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さんた
性別:女
年齢:45
プロフィール:小学校から高校生の3人の子どもの母親、主婦です。

27.jpg

サッカー部に所属する息子は、2020年春に中学に入学しましたが、コロナ禍で1年間はほぼ活動ができず、2年生になってやっと活動が始まりました。

部活動は子どもだけではなく保護者会があります。

大会の準備や送迎、イベントの手伝いなどが保護者会の役割です。

保護者会には会長、副会長、会計の三役があり、2年生の親が保護者会の三役を担うことになります。

本来であれば1年生の1年間で、部活動の1年の流れを把握できるはずですが、私たち2年生の保護者はほとんど何も分からない状態で、初めて顔を合わせた日に役員を決めなければなりませんでした。

私の息子は中学までサッカー経験のない初心者です。

私もサッカーの知識が乏しく、役員を引き受けるのは不安だなぁと思っていたところ、小学校の頃からお子さんがクラブチームに通っている保護者の方3名が進んで役員の仕事を引き受けてくれました。

特に会長を引き受けて下さったAさんは、上のお子さんも同じ部活動に所属していたそうで、学校の部活動の活動についてもなんでも分かるから任せてね、と言ってくれたのでほっとしました。

仕事は保護者たちで分担して行いますが、学校との連絡役は会長さんです。

上のお子さんの経験があり、学校の行事にも詳しいであろうAさんはとても頼もしく適役だと思いました。

役員決めをした日に保護者間でグループラインを作成し、そこで連絡を取り合うことに。

しかし、いざ活動が始まってみると、Aさんがなかなか連絡を回してくれず困ったことになるのです。

夏、3年生の引退試合があり、保護者会からも3年生への贈り物をするのが毎年の慣例となっていたようです。

しかし、その試合当日までAさん以外の保護者はそれが引退試合であったことも知らず、もちろん贈り物の用意もできませんでした。

毎年の慣例では、2年生の保護者が写真を選別したDVDを作成し、花束と一緒にプレゼントしていたようです。

当日、顧問の先生からそのお話を聞いて、保護者一同大慌てです。

Aさんが経験者だからといってAさんにすっかりお任せしていた私たちも悪いんだ、と思ったのですが、そのときのAさんの振る舞いを見てモヤモヤしてしまいました。

謝罪も何もなく、「今から試合の間に会計さんがお花を買って来ればいい。写真はいらないと判断した」とあっさり言ったのです。

忘れてしまっていたのかと思ったのですが、そういうわけではないようです。

「保護者の負担になるような活動には賛同できないので、今年からDVD作成はしないことにしました」と言うのです。

それならそうで相談してくれれば...と思ったのですが、何もしていない私は何も言うことができませんでした。

一生懸命頑張った3年生に申し訳ないし、2年生の我が子たちにも本当に申し訳ない思いです。

こんなことなら、サッカー初心者だからと遠慮せず役員を引き受ければよかった!

モヤモヤしながら過ごしています。

関連の体験記:「ちょっとだけなら」「楽勝」って子どもの前でしょ!コロナ禍の運動会でルール違反の保護者が続出
関連の体験記:「男の方がいると頼もしい」とおだてられ...何もかも押し付けられた娘の保育所「母の会」
関連の体験記:「息子を試合に出さないと...」中学野球で脅し!? ほかの部員の努力を台無しにする「仰天自己中親子」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

相談がなかったことは勿論問題ですが、DVDも花束もご存知なかったのですよね?2年生だけど一年の流れも把握できていなくてわからないから他の方にお願いしたみたいですが、保護者一同大慌て、って慣例ということはご存知の方々もいらしたのですよね?なーんにもやらず言わずの保護者達では仕方ないですね。
では来年度に引き受けて諸々復活させたら?というか、DVDは私が作りますから大丈夫、他の保護者の負担にはなりません!と言って今から作れば?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP