ちゃんと確認してよ...銀婚式の旅行が同姓同名の「誰か」のキャンセル電話でがあわや台無しに!?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:とらとら
性別:女
年齢:52
プロフィール:アラフィフ兼業主婦です。数年前に銀婚式を迎えました。

45.jpg

私は52歳の兼業主婦です。

これは2年ほど前の話ですが、私は旦那(現在53歳)と旅行に出かけました。

私たちの間には2人の息子(現在23歳と18歳)がいますが、息子たちが私たちに「銀婚式になるのだから、俺たちは留守番でいいからたまには2人で旅行してくれば?」と言ってくれたのです。

正直、結婚して25年もたったのかということに驚きましたし、息子たちに旦那との旅行を勧められて少し照れ臭かったですが、せっかくの機会なのでお言葉に甘えることにしました。

久しぶりに旦那と2人での旅行だったので、私は奮発して少し良いホテルを予約しました。

しかし、事件はそのホテルで起こりました。

旅行当日、旦那と観光を楽しんでからホテルに到着し、チェックインをしようとしたところ、フロントの方から「予約はキャンセルされている」と言われてしまったのです。

私は宿泊を楽しみにしていたので、そんなはずはないとフロントの方に抗議しましたが、相手も引きません。

「キャンセルになっているのでご予約をしなおしていただく必要がありますが、ご希望のお部屋は満室となっております」

取りつく島もなくそう返されてしまいました。

私が予約したのは二食付きでオーシャンビューを謳っているツインルームです。

その部屋は各フロアに一室ずつしかなく、すでに別の予約で埋まっているということで、私はさすがにがっかりしてしまいました。

「大丈夫。今ホテルの人が今日、宿泊できる部屋を手配してくれているから、その部屋でもゆっくりできたらいいじゃないか」

せっかくの銀婚式の旅行が...とロビーでうなだれる私を旦那は励ましてくれました。

その言葉で、少し落ち着きを取り戻せた私でしたが、その後私たちに部屋の準備ができたと知らせに来てくれたのは40代くらいの支配人の男性の方でした。

しかも、少し慌てた様子で私たちに「申し訳ございません」と謝ってきたのです。

結論から言うと、ホテル側のミスでした。

たまたま私と同姓同名の予約が別にあり、その方が電話でキャンセルを申し出た際に、私の分の予約まで誤ってキャンセルしたというのです。

正直、ミスで迷惑をかけられたうえ、チェックイン時に失礼な態度をとられて腹もたちました。

しかし支配人の方からは「人為的なミスです」と丁寧に謝罪をいただき、予約より良い部屋を用意してもらい、銀婚式のサプライズのケーキも夕食時に用意していただいて、満足した宿泊にはなりました。

フロントスタッフの方に確認もせずキャンセルは私のせいだと言われたことは根に持っていますが、今では笑い話になっています。

関連の体験記:家庭を持ち、田舎に戻って家計が苦しい...。「独身、東京、バブル時代」を思い出してしまう47歳の私...
関連の体験記:「これ、旅費ね。残ったお金はとっておいて」お義母さん...あなたが使い過ぎて全然足りてませんから!
関連の体験記:ああ、見てしまった...私が介護する86歳の義母が、介護を手伝ってくれない義姉に「こっそりお金を渡す姿」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

優しい息子さんとやさしい旦那さん幸せですね☺️思い出に残る銀婚式が出来て良かったですね。これからもお幸せに❤️
もしありきたりな名前だったとしても、同姓同名の人が同じ日に同じホテルを予約しているなんて、運命を感じますね!! 無事に宿泊できて良かったです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP