下着すら何日も替えてない...?知らなかった姑妹の不自由な生活/バニラファッジ

こんにちは。認知症で要介護4のお義母さん(姑)とリウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の在宅介護を経験した嫁のバニラファッジです。

今回のお話は、前回のおばさんが初めて介護保険認定調査を受けることになった時のお話の続編です。

前回のエピソード:え!一人で起きられなかったの!?介護保険の訪問調査で知った事実

電動ベッドを使っても、1人では起床できないおばさんの事実を知り驚いていると、さらに...

13-1.jpg
13-2.jpg
13-3.jpg


両膝が深く曲がらないおばさんが湯船につかると、自力で立ち上がることができません。

なので、頼まれた時は入浴を手伝っていましたが、頼まれない時はシャワーですませていると思っていました。


13-4.jpg13-5.jpg


息子家族は母屋で生活し、中庭をはさんで姑姉妹は離れで生活しています。

トイレもお風呂も台所もそれぞれにある、完全2世帯住居のため、「困った時は、呼んでください。」というつかず離れずの関係でいました。

入浴に関しては、時々手伝うことはありましたが、「いつもはシャワーだから大丈夫。」と言われてそう信じていました。

おばさんは特に体臭もなく、生理用ナプキンを使って下着が汚れないように気をつかっていたようです。

しかし、おばさんの不自由な生活は結構深刻なんだと初めて気づきました。そして調査員の方が帰った後...

13-6.jpg
13-7.jpg


おばさんがどこまで本音なのかわかりませんが、完全同居を断られて、内心ほっとしたのも事実です。朝から晩まで嫁と姑が一緒に居て、「気が利かない嫁だ」と、早々にバレるより困った時だけ呼ばれて「ありがとう」を言われた方がよほどいい。

結局、この時のおばさんの介護認定は「要介護1」でした。認知症がなく、自分の考えをきちんと伝えることができることや、自立歩行ができることなどが考慮された結果のようです。

我が家が本格的に介護保険を利用するようになるのは、もっと先のことでした。

次の記事はこちら:「お願い、もっとゴシゴシやって」初めて姑妹の清拭をした時のこと

この記事もおすすめ:50代を過ぎたら背中を洗うのは週1回でいい/見逃さないで 未病のサイン(1)

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

※ 健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。

※ 記事に使用している画像はイメージです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

バニラファッジさんのブログ:7人家族の真ん中で。

PAGE TOP