面会は週に1回、10分だけ! わかってはいたけど...コロナ禍の入院は大変だぁ!/あぽり

こんにちは!あぽりです。

夫と、大学生の娘と、社会人の息子(一人暮らし中)がいます。

そして通いで介護している母がいます。

前回、体調を崩した母がようやく診察を受けられて、入院と言われたところまで書きました。

前回の記事:PCR検査が陰性でようやく診察へ「黄疸が出てる!すぐに入院を!」 /あぽり

unnamed.png

今日出来る検査は今日してしまうということで、母はそのまま検査室へ。

私はその間、入院手続きをしに行きました。

unnamed-1.png

入院にあたっての説明を受け、その後、各書類を書いて提出。

家からの持ち込みがほとんどNGだったので全部レンタルすることにしました。

自分が入院した時もそうだったのですが、パジャマなど自分で用意すると洗濯して届けなければいけないので、その手間を考えると、料金は発生しますがレンタルが一番楽です。

母は今オムツをしているのですが、オムツは病院のを使わなければいけなくて、持ち込みはNGでした。

どのくらい入院するか分からなかったので、この時、両手に下げるくらいの大量のオムツを持って来ていました!

またこれを持って帰らないと(笑)

unnamed-2.png

unnamed-3.png

ここで面会の注意事項を説明されたのですが、予約制で週に1回、10分だけしか面会できないとか。

面会日は制限されるだろうと思っていましたが、面会時間が10分しかないとは思わず...。

unnamed-4.png

10分って、来たらすぐ帰る状態で、何も出来ないですよね。

うちからこの病院は近いのでいいけれど、遠い所から来る人だと10分のために何時間もかけて来るのは大変だろうな...と思いました。

unnamed-5.png

面会者は家族に限り1名のみ。

これは想定内でした。

教えてもらった病室へ行くと、ちょうど母も検査を終えたところで、看護師さんに連れられてやってきました。

unnamed-6.png

ものすごーくお気楽に、ものすごーくあっけらかんとして「お前、来てたの?」って言われた時は、一抹の不安がよぎる...。

どうやって病院へ来たと思っているのだろう...。

母は認知症と診断されてはいるけれど、それほど重症ではなく、1人で生活を送れるくらいのものです。

私もさっきまで一緒だったのに、看護師さんに私の紹介を始めた時はさらに不安が...!

こうして、入院生活がスタートしました。

【次のエピソード】心配なのは認知症の進行...。母が至れり尽くせりで誰にも会えない入院生活に/あぽり

【最初から読む】いつまでも母は元気と錯覚していた。「プチ介護」の突然の始まり/あぽり

【まとめ読み】母の介護に...夫との大ゲンカも!? あぽりさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

あぽり

50代の日常を楽しい絵日記で綴っているブログ「絵日記でございます。」を運営。ライブドア公式ブロガー。夫と、社会人の息子と、大学生の娘の4人家族です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

あぽりさんのブログ:絵日記でございます。

コメント一覧

お母様 入院して、少しでもお元気で良かったです ちょっとわからない事言われたら不安には違いないですけど! 我が家の基礎疾患もちまくりの母もひと月PCR検査もしてもらい 他の病気で入院治療余儀なくされました 治療はもちろんありがたいことですが、ある病気に昔 かかったせいで せん妄がモウひどくて! 強い睡眠薬と思いますが夜に薬で寝ないのは、初めてだと言われました! コロナ禍で、付き添いもできないからどうか平凡にくらせますように…と祈りましたが 残念でした お母様はその辺 大丈夫でしたでしょうか! ほんとに、コロナはそういうところまで狂わせてくれました ちなみに、入院10日まではコロナでこちらは面会禁止でした! ちょっとだけ気持ちを吐き出すことが、あぽりさんの所をかりてできましたわ!
あぽりさんこんにちは。 お母様の介護、本当にお疲れ様です。そして、またまたメンタルにまで疲労がきそうな展開になってきてしまいましたね。 私も母代わりの祖母が、88歳で、市民病院に入院することになった時、それまで、痴呆ではなかっのに、奇妙な発言を始めてした事の違和感を思い出しました。 昔の事は普通に話して懐かしいねぇって言うので、あれ?普通に戻ってる?って思ったりして。 1番大変だったのは、苦しい時に北海道の方言でこわいこわいという時でした。看護師さん等、怖くないよぉと宥めてくれてたので、あぁ、そりゃ通じないよなぁと思い毎回看護師さんに苦しいとか、体がキツいって意味なんですって説明しました。 あぽりさん、無理せず1人で頑張らないで、くださいね
こんばんは。 お母様の入院大変でしたね。 一日10分の面会時間だったんですね。私の時は面会中止で、洗濯物はナースステーションに預けて、持って来てくれたのは、看護師さんが持ってきてくれました。 入院期間2週間 LINEでの会話だったなあ。って思い出しました。
久しぶりにコメント書きます。 いつも楽しみに拝見しております。 私も現在入院中でそろそろ一月になろうとしています。 コロナ禍の入院は中々大変でした、コロナでの入院ではありませんが私の病院は面会も症状によりNGなんです。 重症の方は面会出来るそうなんですが私はNGなので家族に会えていません。 早く退院して旦那さんに会いたいですね
いつも楽しく読ませていただいています 主人が先月末まで4ヶ月入院していました 1/7の手術の日のみ顔を見て、そのあと病院で大規模クラスターが発生し、全く面会出来ませんでした 困った時代ですね
いやぁ~他人事ではないですよ。。母の日に義理の両親の自宅に行ったときの事。義父も認知症で介護認定1となってるんですが私的には怪しいと思ってて。 義父に会って挨拶したとたん私に向かって『大きくなったなぁ~!』と。娘達と間違えてると思って聞き返すと私だと・・。えっ!?50過ぎのおばさん捕まえて大きくなった?えっ?と戸惑いましたね。一緒に行った次女は大爆笑。『じいちゃんナイス
今度ネタが無い時でいいので、オムツについて書いていただけたらと思います。 うちの母オムツ初心者なんで、参考にしたいです。
うちは頻尿でオムツにしましたが、膀胱がんとわかりました。すでに手遅れでした。
うちも膀胱がんで手遅れだとわかりました。年寄りだから頻尿なのかと思ってました。頻尿や血尿は膀胱がんのサインだったんですね。そんなこと全くしりませんでした。匿名さんと直接あってお話したいくらいです。 かんの治療はできないので自宅でのんびりしてますが、母との時間を大切にしたいです。
実はうちもです...

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP