「いつか」でなく「今」話をしよう。不慮の事故で父親を亡くしたアラフォー男が抱える後悔と密かな決心

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:Qさん
性別:男
年齢:43
プロフィール:3姉妹(中3、中1、小5)を子に持つ親父。

21.jpg

私は3姉妹(中3、中1、小5)を子に持つ43歳の父親です。

父親は自分が大学の時(20才)に事故で亡くなりました。

当時、父親は49才、事故が起きたのはクリスマスでした。

予期せぬ死だっただけに「もっと生きたかっただろうな」「悔しかっただろうな」としみじみ思います。

亡くなって23年が経ちますが、未だに父親のことは鮮明に覚えています。

亡くなった当時、自分は大学に通うため実家を離れていました。

朝一番で、母親が泣きながら電話をしてきました。

「お父さんが死んじゃった...。クリスマスだけど帰ってこれる?」

私は母が何を言っているのか分からず、理解するまで時間がかかりました。

予兆なんてなかったじゃん! 一年前の正月の時は元気だったじゃん! 

しばらく信じられず涙すら出ませんでした。

取り乱している母親を何とか落ち着かせ、今から帰るからと電話を切りました。

「もうこの世に親父はいないんだ...」

じわじわ実感としてこみあげてきたのは、友人に空港まで送ってもらった車の中。

友人には悟られまいと涙をこらえるのに必死でした。

夜、1年振りに帰省した実家では、通夜の準備が進められており、邪魔にならないよう、隅にいることしかできませんでした。

親父が死んだ、と現実を突き付けられたのは、棺が運び込まれた時です。

運び込まれた棺に走り寄り、小窓から中を覗くと血の気のない、しかし穏やかに目を閉じた親父がそこにはいました。

本当に穏やかに寝ているようでした。

親父が死んだ! 本当に死んだ! 堰を切ったように感情が溢れました。

「何しとるん⁉ はよ、目ぇ覚ませや!」

そう言いながら棺を殴り、棺に穴を開けてしまったことは、今でも家族にからかわれます。

「落ち着け! あんたが落ち着かんでどうする⁉」

その時は祖母が自分に抱きつき、小柄な体で必死で自分を制してくれました。

現在の歳になり、周りで父親を闘病のすえに亡くした友人や同僚も見てきましたが、衰弱していく親を看取るのと、突然死を突き付けられるのとどちらが辛いだろうとよく考えます。

どちらも辛いことには変わりはないのだろうけれど...。

親父は普段から茶目っ気があるというか、悪戯や冗談が好きな人でした。

思い出せばキリがありません。

幼少期にバイクに乗せてくれた時、親父がゆらゆらバイクを揺らすので、冗談じゃなく本当にコケる! と必死で親父に「もーやめて~!」で大声で懇願したこと。

夏休みの工作は、いつも親父が作ったと一目で分かる立派な作品を持たされたこと。

高校時代、親父に殴りかかって返り討ちにあい、悔しくて家を飛び出したこと...。

大学時代は、照れもありあまり話さなくなったことに加え、家を出たため年に一回程度しか親父に会いませんでした。

最後に話したのは、正月に近所の神社で煙草を吸っていたときです。

「お前、ラーク吸ってるのか? こっちのがウマいぞ」

煙草の銘柄に関する何でもない会話でした。

そんな会話の一年後に父親は亡くなりました。

「孝行したい時には親はなし」

とはよく言ったもので、今、父親がいたら、好きな女性のタイプとか男ならではの話をしたいな、そんなことを思います。

親孝行なんて立派ものじゃなく、親父と酒を酌み交わして語り合う、そんな時間を持ちたいものです。

孫が3人もいることを知ったら、天国にいるはずの父親はどんな顔で喜ぶでしょう。

母親はいまだ元気で、自分の家族と同居してます。

毎日欠かさず仏壇をせっせと掃除し、花を添え、何やらブツブツお話ししています。

こんなこと言っておきながら、母親とあまり会話の時間を持ってません。

いざ2人で話すとなると照れくさいのです。

ですが、これを機に少しずつでも話をしていきたいと思います。

「孝行したい時には親はなし」ですから。

関連の体験記:夫の実家の異様な食事風景。座ることも許されず壁に向かって立たされた私/かづ
関連の体験記:「この前の、いくら残ってる?」ってお義母さん、息子の進学費用の足しにってくれたはずじゃ⁉
関連の体験記:「少しだけど使って」コロナ禍の中、我が家に「ある届け物」をしに来てくれた義母の愛情

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

その可愛い孫を引き離すような離婚するだなんて言えないですね。 自分の家庭をもち離れて暮らしているとなかなか会話もする機会がないかもしれませんね。それでも今はスマホ等あるのですぐに連絡できますね。親にとってみたら息子である投稿者さんが幸せに元気でいることが一番の親孝行でしょう。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP