「転んで背中が血だらけ」!? 認知症のお義母さんとの難しい会話/バニラファッジ

前回のエピソード:つかず離れず荒波に飛び込まず!介護を長く続けるコツ

昼寝からなかなか起きてこないお義母さんの様子を見に行ったら廊下の手すりに捕まって立ち往生していた。

48-1.png48-2.png48-3.png48-4.png

認知症のお義母さんと話しを続けるのは難しい。

48-5.png

48-6.png48-7.pngその後お義母さんは、お茶を飲みトイレに行き、「腰が痛い。」と言って、また寝ることになった。

48-8.png48-9.png48-10.png

そのままお義母さんは、動くことができなくなってしまいました。 本人は「寝ていれば大丈夫。」と言ってきかないのでどう対処していいか、わからなくなってしまった。 意識がはっきりしているので、救急車を呼ぶのも気が引けてどうしたものかと迷っていたら...

48-11.pngいつも予約優先の介護タクシーでしたが、この時はタイミングよくすぐ来てくれるとのこと。 タクシーにストレッチャーは装備されていたけれど玄関までは2人がかりで、お義母さんを運ぶことになった。

48-12.png痩せたお義母さんでしたが、2人がかりでもこんなに重いのかと驚きました。
この後、打ち身だと思っていたが圧迫骨折と診断され、そのまま入院となりました。

無事入院になると「やれやれ」とほっとする反面、認知症が進む恐れもあり心配はつきませんでした。

笑いあり、涙あり・・・義母と義叔母のダブル介護!バニラファッジさんの連載一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP